空間デザイン設計事務所/注文住宅設計・施工/分譲住宅・企画・設計・施工
デザイナーズ住宅-大阪府【MJ HOUSE】
| SITE MAP | LINKS | PRIVACY POLICY |
  アトリエ系ハウスメーカー MJ HOUSE
大阪府吹田市内本町S様 インタビュー

2022年5月にお引渡しをさせていただいお施主様へ体験者インタビューをUPしました!
今回のお施主様は、当社でお家を建築したスタッフです。 お引渡しから約半年。素敵な暮らしのご報告です。
兵庫県宝塚市N様完成写真

Q1.住み心地はいかがでしょうか?

奥様:かなりゆっくりできる家です。 前のマンションと比べて広いから時間に追われにくい感じの空間になっているかな、と思います。
3階建てなので上下移動は大変ですけど、1階は店舗にしたので 全部自分のペースで出来ます。
お店の片付けもそうですし、家事もしながら全部できるので、あれ忘れてた!と職場に戻るということが無く、それが一番住み心地的に良いと思っているトコロです。

ご主人:住み心地で言うと建てる前に イメージしていた生活がそのまま出来ている感じです。
僕は不動産の営業という職業柄、色々な家を見てきて「こうしたらいい」「あーしたらいい」というのを詰め込んだものが表現できたかな、と思っています。
そりゃ、住み心地良いですよね。

Q2.お家造りのきっかけは?

ご主人:元々、住んでいた分譲マンションはずっと住む家として考えていなくて、最終的には注文住宅を建てようと決めていました。
ちょうど良いタイミングで 「いいなぁ」「いい家を建てているな」と昔から思っていたMJ入社できたので、 そのままMJで建てることに。
建てるために入社したわけじゃないですよ! 自分でも建てたいと思う位いい家を造っている会社の家を売りたいと思って入社したんです。
注文住宅を建てたかった理由はお客様にもお話していますが、一般の方よりも多く家を見て建売の家とそうでない家と見比べてきて、金額が多少高くなろうが注文住宅の方が絶対納得できる家というか、家に合わせる生活より自分に合った家、自分の生活に合わせた家を建てたいと思ったからです。

Q3.土地探しの重点ポイントは?

ご主人:2年くらいですけど、元々は妻の実家の近くとかなり地域を絞った条件で探していてなかなか見つからなかったので、実家まで徒歩から自転車で行ける範囲など、ちょっとエリアを広げました。

奥様:家庭の事情が色々あったんですけど私の前の職場が実家で、私は車の運転が出来ないので、自転車で行けるエリアで 探しました。

ご主人:土地の広さは30坪くらいで探してました。不動産をしているのでこだわり過ぎると見つからない事は分かっていたので妥協できる点は妥協しながら、店をするので出来る限り駅から近くが良かったり路面店まではいかなくとも新規のお客様も来やすいように駅から歩ける範囲内を目指して探しました。
実際にここに住んでみて、住みやすいところなので良かったです!

奥様:前に住んでいたマンションは凄く利便性が良かったんです。一歩出たら下にコンビニ、横はスーパーでコインランドリーもあって。そういう利便性は求めました。
この辺りは凄く静かなんですけどちょっと一本道を出たらちゃんとお店があって栄えていて住みやすいです。
あとは 主人にお任せしました。

Q4.お家造りで実現したかったことは?

ご主人:鉄骨階段、吹抜、スキップフロアというのが僕の中でポイントとしてあって、空間に動きをつけたいというか、吹抜で広さを感じたいとかスキップフロアで空間を仕切るとか、玄関入った所に鉄骨階段を置き収納とか造らずにスッキリさせるとか、見せ方にこだわりたいというのがありました。
また、あまり部屋数も必要なかったので、その分たくさん収納を取ってます。収納を多くして表に物を出さずにスッキリした空間を造りたいというのも実現できました。

グレーのかっこいい通り土間とストリップ階段
兵庫県宝塚市N様完成写真2
LDKの奥はスキップフロアスタイル

開放的な吹抜
兵庫県宝塚市N様完成写真3 兵庫県宝塚市N様完成写真4

奥様:1階に店舗というのがやっぱり注文住宅じゃないとできない。それが一番大きかったです。
あとは猫達が自由に動き回れる事、猫も含めた家族が全部見渡せること。
だいたい私はキッチンにいるので、そこから全部見渡せます。何をしてても家族が見えるし音も聞こえるし。
猫は高い所(吹抜)から覗く感じです。階段はキャットタワーみたいでいい運動になっていると思います。

Q5.何社ほど検討されましたか?

ご主人:他は無いです!

Q6.当社に決めたポイントは?

奥様:前に主人が務めていた不動産会社のお家の隣がMJさんのモデルハウスだったんです。前を通ってはMJさんのお家の方がオシャレだねってずっと言ってました。
休日に主人に車に乗せてもらって、ちょこちょこMJさんが建てたお家の外観を見に行ったり、施工例の写真も見せてもらいました。
おしゃれなお家を建ててはるというのは昔から知っていたので全然、迷いは無かったです。

Q7.担当者はどうでしたか?

奥様:設計担当の財津さんはとても話しやすくて 「ここはこうしたい」って、結構ワガママを言ったと思います。主人には言うなよ、って怒られたんですけど。でも、ワガママを言ってもきちんと考えてくださり、凄く良かったです。
スキップフロアの階段の所も何回も検討してもらいました。今でこそこのカタチになりましたが、段差部分を全て階段にするとか色々な案を出してもらい、 たくさん相談できました。

Q8.イメージやこだわりは伝わりましたか?

奥様:それはもう!お話もしやすかったし、主人と話すよりも財津さんと話す方がイメージが凄く伝わりました(笑)。
私がお伝えした事に対して「こんな感じを言ってらっしゃるんですよね?」って見せてもらう画像イメージも全部ドンピシャ!主人と話をする方がドンパチ喧嘩をするくらいでした(笑)

ご主人:僕のイメージみたいな物を引き出してもらえる事が多かったと思います。
こちらが思っていることを全部理解してくれ、共感してくれるところが凄くやりやすかったです。

Q9.お家造りで大変だった部分はありましたか?

ご主人:コストコントロールです。土地探しも含めて一番大変でした。
ここは妥協する所、そうじゃない所のポイントは自分でも分かっているつもりでしたが、それでも難しかったです。やりたい事が多すぎた!

奥様:主人と好みも違い喧嘩になるため、折り合いを付けるポイントです。
主人が西海岸風、私はモダン系と全然好みが違っていたので、間をとってスタバとロンハーマンを足して2で割ったみたいな感じかな?とか(笑)。
でも、主人の家を建てたい!という気持ちをずっと知っていたので、最後は主人の好きにしてもらおうと思いました。

Q10.お家の中で一番気に入っている場所はどこですか?

ご主人:リビング!リビングに命を注いだので!
でも1階〜2階に上がる感じも 玄関の感じも好きだけど、一番と言われ たらリビング。

奥様:一番気に入ってて、居座っている場所はキッチン。
このキッチン、広くて作業が凄くしやすいんですけど、賃貸とかのステンレスに比べて良いステンレスなのか、猫がのると肉球の跡とか付きます(笑)。
最初、どうお手入れしていいのか分からなかったのでステンレスクリーナーなど買い漁ってお手入れしてましたが「もういいや!」って最終的には水拭きになりました。


ご主人:細かな人はステンレスは難しい かもね。

奥様:キッチンは奥行と広さがあるので作業が凄くしやすいです。以前のキッチンとは全然違います。
オープンキッチンなので、絶対この見た目をキープしたいのでずっとキッチンに立ってます!

ご主人:見た目重視で このキッチンに したもんねぇ。

設計部財津:キッチンに置く物もこだわりたくなりますし。

ご主人:そうなんですよね。勝手にそうなっちゃうんですよね。

スタッフ:家具はご夫婦で相談して決めたんですか?

ご主人:二人で見に行って決めました。

奥様:勝手に買って来たら怒られるので(笑)。 だから主人も勝手に買って来ないです。

スタッフ:家具を決めたタイミングは?

ご主人:間取りが確定した位から見に行き始め、サイズ測って合うかな〜って思ったり。
そしたら妻が家具の木の色と家の中の木の色を合わせたいと言い出して。

奥様:内装に使っている色が白、黒、グレー、木目なので、木目だけ色がバラバラというのが嫌だったんです。できる限り家具の木の色とも揃えたくて。窓台も初めは木材でしたが色を揃えるのが難しい、あかん! って気になり過ぎたり。
結局、揃えたいから窓枠は白に変えてもらいました。

ご主人:僕は木が良かったんですけど…。

奥様:と、言ってて、自分のお店はダーク ブラウンにしたんですけど(笑)。


Q11.もっとこうすれば良かった点などありますか?

ご主人:間取りに関しては僕は無いんですよね。もうこれでパーフェクト、と思っています。
細々とした事だったらコンセントと窓、換気に関してはもうちょっと勉強が必要だったかな、と思いました。
換気は1階の乾燥室(室内干し部屋)のところ。窓があっても良かったかな、と思いました。窓があった方が乾燥が早かったかな。

奥様:打合せ中私は、それをずっと言い続けていたんですよ。窓があって風が通れば天気の良い日は窓を開けておけば 洗濯物は勝手に乾くじゃないですか。 そしたら主人に密閉しないと室内乾燥機の意味が無い、乾かないって言われて 窓を全部無くしたんです。でも、そうすると晴れている日でも室内乾燥機を点けないといけなくなったので、それが失敗かな…。押し通せば良かったです。

ご主人:それと窓の開ける方向です。反対側に窓が開くようにすれば、お隣さんとも目線が合わずにすんだな…と。

奥様:普段は開かずの窓になっています。夜、お隣さん宅の電気が消えたタイミングでバッと開けて換気しています。
あと、 インスタとかにも皆さん結構書き込んでいますが、ウォークインクローゼットの中にコンセントは絶対必要。掃除機かけたり梅雨の時期に除湿器点けようとしら中にコンセントを付けていない事に気付いて、寝室から延長コードを引っ張ってつけました。
廊下も1つも付けてないので掃除機をかける度に部屋からコンセントを取らないといけないし。
キッチンはコンロ周辺にもコンセントを付けておけば良かったです。
炊飯器やレンジなど普段使う家電のコンセントは設置しましたが、ちょっとした時のやつ用にコーヒーミルとかホットプレートとかちょっと足りない。

Q12.暮らし始めて実感したことや前のお住まいとの違いはありますか?

奥様:喧嘩をしなくなりました。あんまり(笑)。繋がった空間のお家なんですけど、顔を合わせてもそれぞれの趣味を別のフロアで楽しめ、広さがあるので邪魔だったらどちらかが「どっかに行って」って言いっても行けるスペースがある(笑)。
それでお互いに干渉しなくて済む場所がそれぞれに出来たのが一番大きいかな。
あと帰ってきた時、スッと上の階へ行ってるのを見ると「疲れているんだな」と察してあげられるようになりました。
この広さなら声をかけなくていい『一人になれる空間』があるので、喧嘩が減りました。

ご主人:仕事も普段の生活も、お休みの日も全部、気持ちが変わったかな。

奥様:ルンルンしてる(笑)。お出かけ するのも楽しいけど、出かけてこのお家に帰ってくるのも楽しみ。

ご主人:気に入ったお家だからだと思います。前のマンションが我慢だらけだったので余計に。
掃除は楽だけど、狭くて陽当り悪いし。

奥様:今はこうして植物をたくさん育ててますが、以前は陽当たりが悪かったので何を置いても全部枯れる。
今は良く育つし株分けしたら した分だけ増えていくので、凄く陽当りの良い家だなって。

Q13.これからお家を建てられる方へアドバイスをお願いします。

奥様:バルコニーはいらないと思います。掃除が大変ですよね!洗濯は室内干しの方が花粉とか雨も気にならないし。
でも室内干しするなら窓と換気扇は必須です!換気が出来る箇所を造って下さい。

スタッフ:バルコニーが無い分、その空間を別のスペースにも使えますよね。

財津:バルコニーに対し同じように考えられるお客様が少しずつ増えています。

ご主人:コンセントは多めに! 「多めにした方が良いですよ」って自分で お客様に言ってるくせに、足りてないですからね(笑)。
付けた場所が完璧だったら 今の数でも足りるのかもしれませんが。

奥様:きっと付ける場所ですよね。多分、個数は足りてます。
付ける場所は家具を置いて住んでみないと分からないかも。

ご主人:うん。ここはいらないかな?と思っても付けてて良いかもしれない。

奥様:特にキッチン周り、水廻り、クローゼット内、廊下は絶対付けておいた方が良いです。
 

S様、アンケートにご協力頂き、ありがとうございました。今後とも、宜しくお願い致します。

兵庫県宝塚市N様完成写真9
  入 居:2022年
  検討した会社:0社
  施工床面積:111.98u(33.87坪)
  間取り:3LDK+ ワークスペース+ W-CL×3箇所