デザイナーズ住宅|大阪|注文住宅・リフォーム・自由設計【MJ HOUSE】
MJHOUSEで建てるお家の情報です。
住まいはそこに住む人の幸せな入れ物
main| 『狭小地にお気に入りをたくさん詰めたお家』大阪府大阪市旭区2丁目H-HOUSE >>

『狭小地にお気に入りをたくさん詰めたお家』


※打合せで使用した外観のイメージ図です
 
38project
2018年月10着工
敷地面積
47.29(14.30坪)
施工床面積
89.43(27.05坪)
構造
木造3階建て
間取り 2LDK+センターバルコニー
14坪台の土地に車庫と生活空間をどう建てるか。
ただお家を造るのではなく、これからの暮らしをどう楽しむかをコンセプトにお施主様とお家造りを進めました。
お気に入りのタイルや照明も活かし顔を洗ったり、料理を作ったりくつろいだりと普通の日常がより楽しめる生活になればと思います。
  iskawa
一級建築士 財津 智之

敷地の特徴

今回のお家は大阪市内の狭小地14.3坪の敷地に建つ3階建てのお家です。
3方を住宅に囲まれています。限られた敷地面積の中で光の確保とプライバシーの考慮、それぞれの空間の確保が課題となったお家です。

H様との出会いは?

「ZERO-CUBE MINIが建てたい!」とお問合せを頂いたことが H様との初めての出会いです。
土地もH様が見つけられ、H様とMJ HOUSEの本格的な打合せが始まりました。
打合せでご希望をお聞きすると、どんどん注文住宅に変わって… H様の好きを詰め込んだお家になりました!

規格型商品住宅 『ZERO-CUBE MINI』専用サイトはコチラから
ZEOR-CUBE

家事動線

水廻りの位置は1階?2階?と何度も検討されました。打合せ当初は2階に水廻りをまとめたプランでお話しをしていましたが、できるだけ2階のLDK空間を広く確保するため洗面室とお風呂は1階に配置し、バルコニーは3階に配置。そして、濡れた洗濯物を持っての上下階移動を少しでも楽になるように、キッチンのすぐ後ろに洗濯機を置くことをご提案。
お料理をしながら洗濯をすることができ、洗った洗濯物は3階のバルコニーで干せるので家事動線が短く使いやすい機能的なLDKとなりました。

洗濯機の前にはロールスクリーンを設置して普段は隠すこともできます。柄や色合い次第でお部屋の素敵なアクセントにもなりそうです。また、ロールスクリーンも取付できるようあらかじめ天井にも補強下地を施しています。

STEP FLOORのLDK

お施主様がご用意されたイメージ写真の中の1枚から、床が一段下がったスキップフロアーの下がりリビングをご希望されました。
そこでLDKのキッチン&ダイニングとリビングの間に段差を40cm設けたSTEP FLOOR空間をご提案。

リビングのみ1段下がっており、端には20cmの階段を1段造って小さいお子さんでも昇り降りが楽なように計画しました。階段が無い部分はベンチのように座ることも出来ます。

段差を設けることで空間に動きが生まれ、同じ空間でもダイニング、リビングとそれぞれに役割を感じる面白い空間構成となっています。
一段下がったリビングは狭小地でも天井が高く、開放感を感じる空間になりました。
二階イメージ図
以前、大阪市東淀川区で同じようにLDKのリビングスペースが一段下がったスキップフロアーのお家を計画。
「面白くて、おしゃれ!」と内覧会で大好評をいただきました!
下の写真はスキップフロアーの施工例です。(大阪市東淀川区 F-HOUSE)
ステップフロアーの施工例です。

実はリビングの下は駐車場。ここは基礎の高さ分、余裕があるため他の階に比べると高さがあります。その空間を利用してリビングの床を下げています。

キッチンスペース

キッチンのカタチはL字型、2つに分かれた2型など検討されましたが、最近、お子さんが奥様の手伝いをしようとしてくれるので、家族皆でコミュニケーションを取りながら家事ができる対面式のオープン型に決定。

キッチンの後ろには食器が好きでお皿が多いという奥様からのご要望により、収納も兼ねた棚を造ります。
雑誌の切り抜きなどを使ってイメージをすり合わせ、奥様のコレクションが映える棚が完成します。

棚を設ける壁(キッチンの一番奥の壁) は優しい薄いブルー系のクロスでアクセントを。そして、キッチン上のみデザイン性UPのため、木目調のクロスをアクセント貼りします。

明るくてナチュラルな色合いがお好みという奥様がコーディネートされた こだわりのキッチンスペースです。
段差の付いたLDK空間にさらに奥行感を感じさせます。
キッチンスペースのイメージ図
キッチン背面のアクセントクロス キッチン天井のアクセントクロス
和室押入れのクロス 和室押入れのクロス

キッチンの下がり天井のイメージ図   キッチンの下がり天井をアクセント貼りしたイメージ図です。
このお家ではグリーンのクロスをアクセント貼りしています。

そしてキッチン周りに3か所ニッチを造作。
1つはキッチン前の壁です。高さ19cm×横50cm程のニッチでこの中に奥様が大好きなブランドの『ミナペルホネン』という北欧系ブランドが販売しているタイルを割り付けます。
2つ目はキッチンの横の壁。ここにはレシピ本や読みかけの雑誌、新聞やリモコンなどを置けるブックラックニッチを。
3つ目はリビング壁に。「せっかく持っているので使いたい」とご要望をいただいた壁掛式CDプレイヤー(MUJI社)と、インターフォンを設置するコンセント付のニッチを造作します。カタチは可愛いお家型。
家族のリラックスタイムは お気に入りの音楽を掛けながら 楽しむことができます。
壁掛式DCプレイヤー用のニッチ  
お家型のニッチの施工例です。
「家族みんなでそろって食べる夕飯の時間を大切にしている」、「一日で大切にしたい時間は話しをする時間」というH様。
北欧、インテリア、タイル、明るい色、ナチュラルな雰囲気が好きというH様の好きをたくさん詰め込んだ、家族みんなで使えるLDKが完成しました。

ドアと床材

LDKのドアはナチュラルでクラシカル風のデザインをセレクトされました。カラーはアンティークな風合いのかすれたようなブルーペイント。空間のアクセントにもなっています。
水色のドアの施工例   実際に施工するドアは半分がガラスのデザイン。
グラフテクト社のキッチン
ガラスはアンティーク風のスリガラス。
「床はオーク材を使いたい!」という奥様のご要望によりオーク材を使用しました。
「オーク材」は幅広い方から支持される人気の木材です。特に古くから家具の材料として使われていたオーク材は日本ではナラ(ミズナラ)と呼ばれる、秋にどんぐりが生る木のことです。
西洋では、堂々とした佇まいからKING OF FOREST「森の王」と呼ばれているナラの木、硬くて彫刻や※ゞ覆果などの細工がしやすいので、家具や床板、船舶、ウイスキー樽などにも使われており、馴染みのある木材です。
※ゞ覆果は、昔から用いられてきた木工技法のひとつです。 火であぶったり、煮たり蒸したりして、木材に熱を加えて曲げます。家具などでよく使われる技法です。

床材の中でも硬くて耐久性に優れていおり、傷が付きにくいという特徴があります。
グラフテクト社のキッチン
オーク材を使用したMJ HOUSEの施工例です。
   

洗面室

洗面台はオリジナルで造作しました。洗面ボウルの前にキッチン前のニッチと同じタイル(ミナペルホネン)を割り付けます。鏡と鏡の上の照明はお施主様の支給品を取り付け予定です。
H様オリジナルの素敵な洗面台が完成します!
造作の洗面イメージ図
※イメージ図です
   

LDKの項目でもご紹介しましたが、今回は洗濯機を2階のキッチン後ろに配置させるのでその分、洗面室も広々。また、一部、壁を凹ませてそこには棚を造作される予定です。収納家具を置かなくても洗剤などのストック類、タオルや下着類、よく使う衣類など収納できるのでさらに使いやすい洗面室になります。

センターバルコニー

3階フロアーは主寝室と子供部屋の間にバルコニーを配置しました。打合せ当初はこのバルコニーをインナーバルコニーにするか、サンルームのような室内バルコニーを造るか?とたくさん検討されましたが、室内へ陽が入りやすいこと、半屋外の空間を楽しみたいというご希望から屋根の無いオープンなセンターバルコニーへ。廊下から出入りでき、家族みんなで使えます。

また3階にあるので、リクライニング式のデッキチェアなど設置すれば、人目を気にせず読書をしたり、お酒を飲んだり、星を眺めたりプライベートな時間を楽しめます。
ご主人はここでお酒を飲むことを楽しみにされているそうです。是非、暖かくなったら奥様と一緒に晩酌など楽しんでください!
グラフテクト社のキッチン  

外観・ガレージ

今回のお家は表にバルコニーが無いため、1階〜3階までが凹凸の無いシンプルなBOX型。
外観にアクセントとして貼り分けも考えましたが、シンプルなシルエットをそのまま活かし、外壁、窓サッシもホワイト一色に。
そして、インナーガレージ(車庫)の天井に木貼のパネリングをし、素材感を楽しめる雰囲気のある外観デザインに。

また、玄関はガレージの奥にあるので、雨に濡れることなく車の乗り降りがきます。それ以外にも自転車もガレージの中に停める事が出来ます。

※外観のイメージ図です。
  ガレージの天井(軒天)に木を貼った施工例です。

別の角度からのイメージ図
ブラックの外壁のイメージ図
別の角度からイメージ図

| main |大阪府大阪市旭区2丁目 H-HOUSE >>

▲PAGE TOPへ