+ザイナーズ住宅|大阪|注文住宅・リフォーム・自由設計【MJ HOUSE】
MJHOUSEで建てるお家の情報です。
住まいはそこに住む人の幸せな入れ物
main| 大阪府豊中市浜3丁目 F-HOUSE>>

室内でグランピングOK!
広い玄関、楽しい多目的スペースのあるお家

豊中市浜 T-HOUSE 外観イメージ図  
 
敷地面積 65.46屐19.80坪)
方位 南向き
施工床面積
117.60(35.57坪)
構造
木造3階建て
間取り 3LDK
フリースペース

担当設計スタッフからのコメント

打合せ当初はまだ御両親に抱っこされていたお子様が、上棟式では御幣を持って
いる姿を見て、スクスクと成長されていくお子様の様子がとても印象的でした。

室内でグランピング、ハンモックでリラックスができる広い玄関ホールなど
お施主様より「こんなスペースが欲しい」とお聞きした時、とても面白い空間に
なる!と思いました。

ご主人がお酒を楽しんだりお子様が遊んだりと、多目的にフリーに、様々な
使い方をしていただけるように想像を膨らませながらお打合せしたこの空間は
F様だけの個性的な空間になったと思います。
僕もここまで広い玄関は初めて設計しました。
御家族皆さんでお家生活を満喫していただければ嬉しいです。

 
一級建築士
新井 竜也

広〜い玄関は多目的スペース

 今回のお家で一番個性的で特徴的なのが玄関ホール。
「グランピングのような生活を体感するスペース」
「お酒が趣味なご主人様がBARのように使えるカウンター」
「壁にモニターを設置し、セカンドリビングのような使い方ができる多目的なスペース」
が欲しいとご要望をいただき、玄関とホールを合わせて多目的に使用できる10畳以上の大空間を計画。
さらに玄関ホール全体の天井全面を木目柄のクロスに。
玄関扉を開けた瞬間に目の前に広がる空間の開放感と、天井全体に貼ったクロスの木目の迫力に、
皆さん 驚かれると思います!
それでは「ここまで広い玄関は初めて設計しました!」と担当建築士がコメントする開放的な
多目的玄関&ホールの全体像をご紹介いたします。

 まず玄関扉を開けお家の中へ入ると、すぐ左側に1.5畳の土間収納を配置。
土間収納の入口を入ると左右それぞれに用途の異なる収納棚を設置。右側はシューズ用として
現在お持ちの靴の数とサイズを検討され、棚を造作。
左側はシューズ以外の荷物用として床から1m程空間を空けたスペースにお持ちの収納BOXや
荷物が置けるように。上部には5段の棚を設置し、その他の荷物がたくさん収納できるようにと
工夫されています。

玄関に大きな土間収納を設けることでシューズ類だけでなく、お子様用のバギーや自転車、
アウトドア用品などの大型の荷物もスッキリ収納できます。


 さらに前方へ進むとセカンドリビングとして使えるフリースペース。
壁掛けの大きなTVモニターやソファー、床置きのハンモックなど設置する予定。さらにこちらに
テントを張れば御家族でグランピングも出来てしまいます。ちなみにTVモニターではインターネットや
ゲーム、映画などを楽しまれるそうです。
またお子様がもう少し大きくなられたら、お友だちと集まって遊べるキッズスペースとしても
使われる予定。
広々としたフリースペースを造ることで、セカンドリビングとして御家族で寛いだり、お子様のキッズ
スペースにも使用できるなど第二のプライベート空間として暮らしを楽しんでいただけます。
ママ友やご近所の方達とティータイムも楽しいかも。

 フリースペースの左側の壁にはご主人こだわりのBARカウンター&WORKスペースが。
BARカウンターの上部にはカウンターと同じサイズのオープンな棚を設置し、お酒やグラス、
カクテルの道具などを見えるようにディスプレイする予定。ホールに入るとすぐ見える場所にあるため、
ちょっとしたBARにお邪魔したような雰囲気に。
さらに便利なのが同じフロアのすぐ横にお風呂があるため、お風呂上りにそのまま冷たいビールを
BARスペースで楽しむことも可能です。
お酒が好きなご主人がBARカウンターでお酒を作って楽しんだり、カウンター横のWORKスペースで
ちょっとしたお仕事もすぐにしていただけます。

近年は新型コロナウィルスのパンデミックなどにより働き方や暮らしが大きく変わり、在宅ワークを
される方も増えた事から、当社でも最近よくWORKスペースのご要望をいただきます。
今回のWORKスペースはBARと合体した、お酒好きの方や男性にはうらやましい空間!
私のお友達がこんなお家に住んでいたら、毎日通わせて欲しい!と思います(笑)

Bath & Sanitary

 フリースペースの右側にはサニタリールーム(脱衣室)とお風呂を配置しています。
「洗濯物は室内干しにする」とお伺いし、サニタリーで室内干しができるように計画。
物干しの形状はウォークインクローゼットのように棚とハンガーパイプを一体化させ、物干しスペースの
上部は収納棚として、ハンガーパイプは日頃の洗濯物をかけて干すようになっています。

上部の収納棚の高さは奥様の背丈に合わせて使いやすい高さに設定することで、棚上の荷物の出し入れが
しやすいように工夫しました。また干すスペースも南側の壁に約1.8m、東側の壁に約2.2mと壁全体に
L字型で幅広く配置されており、かなりの広いスペースでお洗濯物もたくさん干していただけます。
さらに上部の収納棚も干すスペースと同じようにL字型で奥行や横幅もあるため、相当な量の荷物が
収納できます。

洗濯機を回している待ち時間は1階のフリースペースでTVを見たり、お子様と遊んだり楽しく過ごしている
間にお洗濯が終わっている感じです。
2階のLDKまで上がる必要もなく、気持ち良く効率的に家事をこなすことが可能なBath & Sanitaryが
完成しました。

出来るだけ広さを確保したLDK

 通常3階建てのお家の場合は、2階にLDKを配置することが多いですが、その際、ほとんどの方が
LDKスペースをできるだけ広く確保したいため、水廻りを1階にするか2階にするかでとても悩まれます。
今回のお施主様も打ち合わせの中で「LDKは出来る限り広さを確保したい」とご要望をいただいたため、
お風呂やサニタリーを1階フロアへ配置することに。

さらにスペースを確保するため、お洗濯物を干すスペースは先程ご紹介したサニタリーに室内干しする
ことから、バルコニーを無くし、その面積を活用して19畳以上のLDKを確保しました。
ちなみに参考ですが、通常、都心部で20坪前後の土地に3階建てを建てる場合、お風呂と洗面室に使う
面積は3畳〜4畳程が主流で、バルコニーに使う面積が2畳〜3畳分程が平均になります。

 それでは2階LDKの大まかな配置をご紹介いたします。
まずLDKへ入室すると目の前はオープンキッチンで、開放的な造りになっています。
奥様はキッチンからLDK全体を見渡せる配置なので、御家族との会話を楽しみながら、日々の作業を
こなすことができます。

また「スペースがあれば収納が欲しい」というご希望もあったため、キッチンの後方に横幅約90cm、
奥行約60cm、高さは天井まである大きめの収納量たっぷりのパントリーを計画。
キッチンと近く、必要な物は直ぐに出し入れが可能で、常に便利にお使いいただけます。
昨今のロシアとウクライナの戦争の長期化や、新型コロナウイルスのパンデミック、その他自然災害等の
影響により、日用品の値上げや食料危機などの報道をチラホラ耳にします。食料品や日用品の早目の
確保が重要になってくるかもしれません。

そうなると必要となってくるのは保管できるスペース。先ほどご紹介した土間収納やパントリーなど
収納スペースを多めに設けておくことで、これからの生活で増えていく備蓄品や荷物など、
ライフスタイルの変化にもしっかり対応可能に。

 さらにキッチン前方はお食事を楽しむダイニング、その先の南側には御家族がゆっくり寛ぐために
計画された明るいリビング。南側の窓からたっぷりの光と風を堪能できる、気持ちの良いスペースに
なっています。
2階LDKのドアは「高さのある開放的なドアが良い」とご要望をいただき、天井まで届くほどの高さと
インパクトがあるハイドアを採用。
ハイドアは通常のドアに比べて背が高く大きい分、LDKから見た時の存在感やデザイン性もUP。
さらに開けた時の室内の広がり・開放感を楽しめたり、壁と一体化したようなスッキリとしたデザインで
とてもオシャレ。
1階からの冷気もシャットアウトでき、冷暖房効率もUPするため実用性も〇。

3階フロア

 次は3階フロアをご紹介します。2階から3階へ上がると南側に子供部屋1部屋と主寝室があり、
北側に子供部屋を1部屋。さらに廊下に大きめの収納を配置しました。

2つの子供部屋はそれぞれ5畳の広さがあり、2部屋とも大きなクローゼットを配置。
主寝室は6.5畳あり、このお家で一番日当たりの良い南東側に配置しました。さらに主寝室の収納は
扉を無くし、出入りしやすいように。中は左右に収納を分けて外から荷物が見えないように工夫。
収納内にはホワイトのレンガ柄のアクセントクロスを。

 
さらに3階ホールにも廊下から荷物の出し入れできる1畳の大きなクローゼットを配置。
お施主様からのご要望により収納の中を用途によって壁で仕切り、片側はニットやシャツなど
トップスをたたみ収納しやすい棚。
もう一方は枕棚とハンガーパイプを取り付け、コートなどのロング丈を掛けて収納できるように計画。
各子ども部屋、主寝室、廊下などたくさんの収納を配置しました。

また今回、収納全体の棚のほとんどは可動棚ではなく固定棚に。どこに何を収納するか荷物の住所を
ある程度決め、棚自体のサイズ・位置も固定し無駄なく片付けしやすくなる工夫を。

 
 先程からご紹介しておりますが、洗濯物は室内干しをされるため洗濯物を干すためのバルコニーは
必要無い事や、日常的にバルコニーを利用されない事から、3階もバルコニーを設けずにバルコニー分の
面積を各居室へ使用しました。

最近は洗濯物を室内干しされる方、ワークスペースや手洗いスペースを確保したい方、お掃除や
メンテナンスの煩わしさ等からバルコニーを造らない選択をされる方と様々なニーズが増えている
ように思います。
逆に出来る限りバルコニーを広く取りセカンドリビングとして使いたい、お友達をたくさん呼んで
BBQをしたいなど、お家にいながら外への解放感や繋がりを楽しみたいアウトドア派も。

バルコニーやお洗濯一つとっても、お客様によってライフスタイルや考えが異なります。
当社ではお客様が好きなようにお家を計画できるので、毎回、完成するお家も様々。
今回もお施主様のライフスタイルが反映された特徴的なお家が完成しました。打合せも毎回とても
楽しませていただいております!

外観デザイン

 当社の施工例写真を見られ「ネイビーの外観にホワイトのサッシのコーディネートが可愛い」
という感想をもとに、外観デザインのメインカラーはネイビーとし、サッシカラーはホワイトの
爽やかなカラーリングに。
玄関ドアはフローリングのカラーと同じ明るいブラウンカラーをセレクト。外側と内側に
類似するカラーを用いることで繋がりを持たせました。

また「玄関周りは明るく見せたい」というご要望をいただき、少し奥まった1階のガレージ部分と
玄関周りの箇所はホワイトに貼り分けして明るさをプラス。
さらに玄関ポーチのタイルも明るい色味のサンドベージュをセレクト。ナチュラルなブラウンの
ドアとも相性が良く、優しい印象にまとめてくれます。そしてポーチの目地の色は濃い色に。
目地を目立たせタイルのグリッド感が際立つようにすることで、明るい玄関周りを優しく引き締めます。







| main |大阪府豊中市浜3丁目 F-HOUSE>>


▲PAGE TOPへ