デザイナーズ住宅|大阪|注文住宅・リフォーム・自由設計【MJ HOUSE】
MJHOUSEで建てるお家の情報です。
住まいはそこに住む人の幸せな入れ物
| main | 『遊べるリビング。な、お家。』〜縦空間と横空間の開放にこだわったお家〜』〜吹田市原町Y-HOUSE〜>>

『遊べるリビング。な、お家』〜吹田市原町Y-HOUSE〜

吹田市Y-HOUSE外観イメージパース
2010年3月 着工
場所:大阪府吹田市原町2丁目
敷地面積:85.04(25.72坪)
構造:木造(在来工法)
階数:地上3階建て
間取:3LDK(吹き抜け+土間)
7/10.11開催 完成内覧会のレポートを読んでみる。

毎回、とても楽しく打ち合わせをさせて頂きました。ご家族みなさん元気で明るくて、逆に僕が元気をもらっていたと思います。たくさん内覧会に来て頂き、遠方の内覧会では港区までお越し頂きました。色々とたくさんイメージを話し合うことができたと思っています。家族みんなでどんどん手を加えて頂き、Y様オリジナルのお家にしていってください。1年後、2年後とアフター訪問などでお家にお邪魔できることを楽しみにしています!!

財津 財津 智之

敷地の特徴

吹田市原町の現地写真 開発造成地 東側4.7m道路
南から北へ40cm高くなるひな壇形状。
周辺には高低差のある土地に住宅が立ち並ぶ住宅街。

明るい朗らかなY様一家らしい…

最初のヒアリングの時にY様よりはっきりとしたご要望で出てきたキーワードは、
「開放感のあるLDK」「吹き抜けor天井の高いリビング」「遊べるリビング」
と、リビングと開放感を中心にしたキーワード。家族みんな仲良しで、いつも明るく朗らかで小さい事は気にしない!!といった感じのY様一家をイメージし、リビングは明るく大胆にかつ開放的に、そしてみんなが自然と集まって家族みんなで遊べるような広さの確保や遊び心をご提案。また、内観は木材をふんだんに使った明るいナチュラルな雰囲気になります。Y様らしいプランを目指しました。

「次の打ち合わせまでに勉強してきます!!」

土地も決まり、次はいよいよ設計スタッフと打ち合わせ。Y様は「設計士と打ち合わせをするんだから、勉強しなきゃ!」と雑誌の切り抜きやイメージ素材をMJ-HOUSEにご持参。こだわりの強いLDKを中心にお家のプランニングが始まりましたが、いざお家の詳細を決めるとなるとLDK以外にも決めなくてはいけない事が盛りだくさん。帰られる際にはいつも「次の打ち合わせまでに勉強してきます」とのコメントを残し、MJ-HOUSEを後に…。
Y様が持参された雑誌の切り抜きの一部。
お客様の想像と要望をきちんと共有するのは、大切な業務の一つ。そのためにもイメージに近い本の切り抜き等を持参をしていただけると、よりイメージがつかみやすくなります。
雑誌の切り抜きなど、こんな風でも凄く分かりやすいんです!(by財津)

「リビングにロフトって面白くないですか?」

打ち合わせ当初に出た3つのキーワードをもとに、Y様の「リビングにロフトって面白くないですか?」という一声。「リビングの天井はできるだけど〜んと高くしたい」とご要望もあったので、ロフトで天井を塞いでしまわないようにリビングの周りを囲むように設置。吹き抜け?廊下?ロフト?キャットウォーク?3Fの居室を狭くしても設置したかった不思議なロフトの完成です。
※リビングイメージパース
このロフトには梯子を設置。ここから子供部屋のある3Fへ上れます。子供にはたまらない遊び心のある空間です。でも、一番この梯子の上下移動にこだわったのはY様ご本人。MJHOUSEの内覧会で実感されたロフトの梯子の上下移動の楽しさを是非我が家にも!!とのY様のこだわりです。

TVで見たんですが…

吹き抜けロフトの配置が決定した後、Y様より「昨日TVで見たんですが、吹き抜けやロフトがあった場合、新鮮な空気は下から上へと流れるらしいです。」Y様からのご意見により、3Fの吹き抜けロフト部分に窓を追加。2Fリビング窓より3F吹き抜けへ新鮮な空気が流れます。
吹き抜け窓は熱(太陽光)対策のために、Y様こだわりのLOW-Eガラス。
【複層ガラス LOW-Eガラス】
特殊なコーティング処理をし、赤外線・紫外線を通さず熱の伝達をしにくくする複層ガラス。
■熱の伝わり方は3種類(熱伝導、熱対流、輻射)有り、熱が伝わった全体量を100とすると、70%が輻射によるもので、この輻射を抑えるのがLow-E(Low Emissibity)ガラスです。

「あ〜でもない・こ〜でもない…」

LDKの広さはキッチンの型やレイアウトで大きく変わります。
Y様のキッチンへのご要望は
・せっかく確保したLDKの空間を遮らないようにしたい。
・片付けがちょっと苦手なので、出来るだけ隠したい。
・キッチンで料理中でも家族と愛犬とコミュニケーションが取れるようにしたい。
使い勝手、奥様の要望などを考慮し、図面の上でキッチンを縦に横に様々な方向にレイアウトを繰り返しました。最初は独立型キッチンの案も出ていましたが、Y様ご夫婦と財津で「あ〜でもない・こ〜でもない」と試行錯誤の末、対面式オープンキッチンに決定しました。
キッチン前の壁の仕上げイメージ図。Y様が雑誌の切り抜きを持ってこられ、それを元に財津が木材や仕上げをご提案。
クリア塗装した杉材を縦に貼ります。
人の目を杉材に向かせ、視線をキッチンの中に向かないように…。




キッチンをリビング側から見たイメージ図

キッチンの前の壁の高さ

キッチン前の壁の高さにも一工夫。通常の壁より高くし手元やシンク上に置いている物を隠してしまいます。また愛犬のワンちゃんがキッチンの中に入ってこれないようにワンちゃんの体長に合わせ、扉を制作&設置。この造作扉も奥様が雑誌の切り抜きを持って来られ、そのイメージを元に制作。
※キッチンの中から見たイメージ図 ※キッチンの横に設置する造作扉

3Fにバルコニーは無くてもいいので…

「バルコニーはウッドデッキを敷いて、愛犬と家族で遊びたい!!」
「3Fにバルコニーは無くてもいい。その分2Fバルコニーは広く!1部屋分位は欲しい!!」
そんなY様の強いご要望をお聞きし、ど〜んと目いっぱい6畳以上のバルコニーをリビングと隣接するようレイアウト。窓は全て開放できる折戸タイプ。ウッドデッキと段差のないフラットな設計のため、バルコニーとリビングが一体感ある空間に。
お天気の良い日は窓を全開にして、開放的な大空間で思いっきり遊んで下さい。

こだわりのW.C

「2Fに洗面台を置きたい」というY様のご要望から始まり、「ではトイレも一緒に置きましょう」と決定した2Fリビング内にあるW.C。
間取りの関係上、設置場所がリビング内になるということでかなり悩まれました。
・洗面も兼ねること。
・来客時に見られること。

以上の2点をコンセプトにしたY様のこだわりのトイレです。
鏡や洗面ボール、照明は一つ一つ「コスト面」と「使い勝手」「デザイン」を検討し、打ち合わせて決定していきました。 中でも洗面ボールはショールームまで行かれて選ばれたこだわり一品。
また、内装では、洗面・トイレにタイルを使ったMJHOUSEの施工例や雑誌を見て、「是非、タイルを使いたい!!」とご希望されていましたが、どんなタイルかまではまだ決まっていませんでした。そんな時、トイレを見にINAXのショールームへ行かれ、スタッフさんにINAXのタイル商品『エコカラット』を紹介され、採用が決定!
エコカラット プレシャスモザイク ペトラスクエア
石やレンガなど本物の質感にこだわったシリーズ。
凹凸が美しい陰影を醸し出します。高級感、洗練性、モダン…、どのテクスチャーも高品位な仕上がり感です。
ライティングによる陰影が美しい壁面を演出します。

トイレのドアは内開きか・外開きか?

トイレのドアも内開きか外開きか、左付けか右付けかを悩まれていました。
トイレがリビングの右端に配置されるので
・ ドアを開けた時にドアが壁になり、少しでもトイレの中が見えないように外開きにし、左付けをご提案しました。
このドアの確認は完成内覧会で実際にご確認頂き、決定しました。

セカンド玄関?土間??

打ち合わせ最後まで悩まれた玄関のエントランス部分は8畳あり、一般的な住宅よりもかなり広く計画しました。
当初、Y様は玄関に広さをもとめてなかったのですが、ワンちゃんとの生活のことや家族でスキー、釣り、ゴルフをされ、道具もかなり多いとのことで財津が収納も兼ねたセカンド玄関式エントランススペースをご提案。

エントランスを空間的に仕切る荷物置棚は棚が稼動するオリジナル。
人の頭が見えるくらいの高さなので、空間を圧迫しません。
せっかく確保した広々エントランスです。
その空間が狭く感じないようにと、棚のレイアウトや見え方などかなり悩まれた部分です。

空いているスペースは「棚とか自分たちでゆっくり作り上げていきます」
とのことで、壁に棚を付けても大丈夫なように補強を入れました。

床のタイルには見た目にも冷たく感じないようにベージュ系のウォーム色をチョイス。

エントランス向かって左手の車庫側の壁には土間用引違戸を設置。開ければ外と全てが繋がった広々とした開放感あふれるスペースとなります。
Y様には「ここにビニールプールを広げたり、ベンチを置いて本をよんだり、いろいろな事ができそう!」と喜んでもらえました。

外観は茶色にこだわって

ファーストコンタクトにて。
ファーストコンタクトでご提出をした外観イメージパースの2つ。
ここから、若干のプラン変更により、外観の形が変わります。
色検討
間取り決定後、外観の色を決めていきます。
ここで、白〜ベージュ〜茶色と4パターンの色展開をご提案。
ここでY様が選ばれたのは、木ルーバーと茶色を合わせたパターンのもの。
 
茶色にこだわって色決定    
さらに茶色の色にこだわって、明るめ〜濃い茶色まで4パターンをご提案。
サンプルを見て頂き「この色とこの色の中間で!」というY様のご意見を元に茶色を最終決定。
   
最終決定した外観パース。  
 

このお家はお施主様のご厚意により、7/10.11に完成内覧会を開催致しました。多数のご来場、ありがとうございました。
内覧会のレポートを公開しております。ぜひ、ご覧下さい。
イベントへGO!完成見学会へ

| main | このページのTOPへ|吹田市原町Y-HOUSE>>