デザイナーズ住宅|大阪|注文住宅・リフォーム・自由設計【MJ HOUSE】
MJHOUSEで建てるお家の情報です。
住まいはそこに住む人の幸せな入れ物
main| 兵庫県伊丹市T様邸 >>

男の隠れ家 趣味をとことん楽しむお家


外観のイメージ図です。
 

2020年4月着工
敷地面積
183.90(55.62坪)
施工床面積
173.42(52.45坪)
構造
木造2階建て
間取り 4LDK+ビルドインガレージ+屋上バルコニー

お施主様との出会い

伊丹市岩屋 4区画のお問合せをいただいたのがT様との出会いです。4区画中2区画を使ってご家族の住宅とご主人の住宅の2棟を建築します。

家族の住宅以外にもう1棟建築される理由は、ご主人の夢であるインナーガレージハウス、そして仲間が気兼ねなく集える場所を造ることでした。
デザインイメージはインダストリアルインテリアや倉庫っぽい雰囲気をご希望され、さらにここからT様の考える『インナーガレージ』『仲間が集うお家』を展開させ注文住宅として計画。

※インダストリアルとは直訳すると工業的という意味です。工業的製品の機能性や実用性を活かし、さらに武骨でヴィンテージ(ユーズド感)のあるイメージでまとめられているのが「インダストリアル」なインテリア。「金属」「コンクリート」「タイル」など無機質な素材をベースによくブラックやダークブラウン、シルバーといった色味がベースで使われます。
年齢や性別を問わずに人気があり、おしゃれなカフェやショップで見かけられる方も多いと思います。

敷地の特徴

今回の敷地は旗竿地が2つ合わさった合計111坪の旗竿地です。方位は西向きです。
専用通路の横幅は6m、通路の長さは20m。この通路の奥に広い敷地が広がっています。
ただ専用通路といっても2件分の通路が合わさり幅が6mもあるため、全く狭さは感じません。また、敷地の先の東側は広い農地で空いているため風と光の入り具合、解放感も抜群!普通の旗竿地とは一味違った敷地です。

この広がった敷地の北側にご主人のお家、向かいの南側にご家族のお家を玄関が向かい合うように配置されています。
お家とお家の間を6m開けて配置し、仲間がたくさん遊びに来られた時にお家の前にも車が駐車できるようにご提案しました。
またお家同士の間を広く空けることで光や風がさらに入りやすくなる効果も。


造作のシューズボックス

玄関扉を開けて中へ入るとホールの一番左奥に横幅80cm、奥行は45cmの扉付きシューズボックス(靴箱)をオリジナルで造ります。ここには普段使いのシューズ類を収納されます。
素材にはゴムの木の集成材を使いました。
※ゴムの木とは天然ゴムの原料となる樹液を採取する木です。
※集成材とは小さめのサイズの木片を長さ方向と幅方向ともに貼り合わせ、板にしたものを
集成材(ブロック集成材)と言います。天然の一枚板などと比べて反りや割れが少なく加工性が良いことから、家具材や造作材などによく使われる素材です。さらに材料には天然の木片を使っているため、木の素材感も楽しめ無塗装の素材なら塗装も可能。カラーは濃いビンテージ感のする濃いブラウンに塗装します。

そしてこの玄関収納の横に奥行きを合わせて長さ1.6mサイズのベンチも計画しました。素材もシューズボックス(靴箱)と同じゴムの木の集成材を使って造作し、玄関エントランスにデザイン的な統一感を持たせています。
靴を履いたり脱いだりの動作もとても楽にできます。また1.6mサイズなので大人3人が同時に座ってもゆったりとしたベンチです。

大型玄関収納

エントランスの右側は扉で仕切った土間収納タイプの大型玄関収納を配置。広さは約1.7畳あります。
中の壁一面に高さが自由に変えられる可動式の棚を5段設置予定。何を収納するのかなど まだ具体的に決まっていらっしゃらないそうですが、将来荷物が増えた事などを想定され収納スペースは出来る限り欲しいとご希望をいただき計画したスペースです。

床は玄関から土間続きになっているのでアウトドアの荷物やガーデニング用品や工具類、ご主人の趣味のゴルフクラブやゴルフ用品、さらに仲間がたくさん集まる とのことなのでドリンクも箱置きで大量にストックOK!お施主様の生活スタイルに合わせて便利に使える収納庫です。

フリースペースのようなホール

玄関ホールから扉を開けて中に入ると3畳の広さがあるフリースペースのようなホール、その先の正面に2階へと続く階段があります。
ここは玄関スペースから入ってほぼ正面なので、ボックス型階段の壁はあえて造らずオープンな階段に。さらに安全面とデザインを考慮し、ブラックのアイアンのフラットバーを手すりとして取り付けたおしゃれな階段。 ブラックのアイアンはご主人の希望されているインダストリアルインテリアの無機質さや重厚感のイメージにピッタリです。
さらに、アイアンフラットバーの細い手すりは視線が抜けるためエントランスもオープンなイメージに。

もう一つ、オープンなイメージに一役買っているのが3畳のホールの横の壁一面に設けた透明ガラスの掃き出し窓。
この窓の先には車好き・モーター好きの方の夢!インナーガレージがあり、いつでも好きな車を見ることが可能。玄関ホール自体もとても個性的な空間です。

男の秘密基地、インナーガレージ

1階面積のおよそ半分を使った広いインナーガレージ。ガレージの広さは約17畳あり間口(シャッター)は4.5m幅もあります。
ここに愛車1台と大型バイクを置きます。メンテナンス作業もゆったりでき、さらに道具類や荷物もたくさん置ける広さです。

先程ご紹介しましたが、お家の中からガレージへ出入りできるように 3畳のホールに大きな掃き出し窓を設けています。
車・モーター好きの方にとって『愛車をお家の中から眺めながら一杯飲む』のは至福のひと時。 お好きな方にとって とても羨ましい夢のような造りではないでしょうか。

インナーガレージ内は倉庫感・インダストリアル・ガレージハウスのデザイン感をイメージし、クロスではなくOSB合板を使用。
OSB合板はDIYでも人気の高い建材なのでご存じの方も多いと思いますが、短冊状の木片をプレスし、接着剤で固めたものです。加工がしやすく丈夫なため壁や棚やインテリア品など様々なところで使われています。その見た目からしてもインダストリアルな雰囲気も演出できます。
※OSB合板を壁に貼ったイメージ写真

また、工具類や道具など壁に直接釘を打ち込み、武骨な感じに道具を吊り下げたりしてもかっこよくてオシャレ!
誰にも邪魔されずにじっくりと作業ができ、しかもカッコいい!男の秘密基地のようなインナーガレージです。

シミュレーション ゴルフ部屋

1階はガレージと別にもう1部屋配置。この部屋はプロジェクターとスクリーンを設置するゴルフシミュレータールーム。お引渡し後に専門の業者が入り、プロジェクターや機器類など設置されるそうです。

広さは13畳以上あり、天井高は3.2mで計画。一般的な住宅の天井高は2.4mと言われていますがスイング後のゴルフクラブの高さを考慮し、3m以上の天井高にして解放感もあります。
これで思いっきりスイングができる高さと広さを確保!

今はコロナの影響もあり自由な外出やレクリエーションが難しい時期ですが、練習場に行かなくてもゴルフの練習が可能です。雨天でも今年のような猛暑でも室内で練習ができ、ゴルフ好きの方にはとても羨ましい限り。

鉄のフレームと無垢の木を組み合わせたキッチン

先程ご紹介したシミュレーション ゴルフ部屋には 仲間が集まった時の事も考えられ、キッチンを設置しました。鉄のフレームと無垢の木を組み合わせたインダストリアル的なデザインのフレームキッチンです。

フレームキッチンとは収納(引き出し)が無く、脚(枠・フレーム)と必要な機能だけ(シンク・コンロなど)で構成されたキッチン。 たくさんの収納や使い勝手よりも、シンプルさデザイン性が重視されており、収納が無い分通気性が抜群に良いとも言われています。

今回選ばれたキッチンはドラマ『東京タラレバ娘』でも使われた『WOOD ONE』メーカーの 商品。(ドラマのキッチンとサイズ等が異なります)。
サイズは横幅210cm。側面は無垢のオーク材の木板をルーバーのように少し隙間を開けて施工されています。
木の暖かみやナチュラルさ、ブラックフレームのインダストリアル感、さらにシンクなどのステンレスの洗練された雰囲気が融合したデザイン性の高いキッチンです。


2階フロアー

2階フロアーの配置をご紹介いたします。まずオープンな階段を2階へ上がると目の前には14畳の広いフリールーム。ビリヤード台など現在検討中とのことです。
このフリールームの横ほぼ2階フロアーの中心に約6畳のリビングスペースを配置。リビングの後方(敷地の南側)に5畳の主寝室、そしてリビングの先(敷地の東側)にお風呂、洗面、トイレを配置しました。

リビングとフリールームの間には間仕切り開閉壁を設置。閉めればフラットな一面の壁になり、来客時はプライベートスペースと分けることができます。
今回使用する間仕切り開閉壁はパネル5枚で造られており その一枚にドアも組み込まれているため、必要があれば閉めたままでもこのドアの部分から移動が可能です。
※写真はメーカーの施工例です。


リビングと主寝室の間には4枚の引き違い扉を設けました。普段の生活ではフリールーム(14畳)、リビング(約6畳)、主寝室(約5畳)を全て開放し繋がりのある大空間でゆったりと寛げ、来客時は各スペースを区切ってしっかりとプライバシーを守れます。

またフリールーム、リビング、主寝室に大型の収納を3つ配置。それぞれのスペースで必要なものがたっぷり収納できお部屋はいつもスッキリ。

花火を鑑賞!約20畳の広々屋上テラス

夏はこのお家から花火が見えるそうで「たくさんの仲間と花火を見たい」とご要望をいただき、屋上に20畳という大空間テラスを計画。
北、南、西の3方向は2階建て住宅(東側は農地です)。周囲に高い建物がないため視界も抜けて景色も良好!花火もきれいに見えそうです!(ちなみに花火は北西側に見えるそうです。)
これだけ広いと大人数が集まってもゆったり花火鑑賞ができます。一緒にBBQパーティをしても盛り上がりそうです。

さらにバルコニーには水栓や電源も設置済み。例えば屋上庭園として植物を育てたり、お掃除もしやすいように計画。
花火の無い日でも 風にあたって涼を感じたり、ぼ〜っと寛いだり、ビールを飲んだり。
普段から リフレッシュ空間としてもお使いいただけます。外部にもリフレッシュスペースがあるってとても贅沢ですよね。羨ましいです!

内装デザイン

内装デザインの雰囲気は冒頭でもご紹介したインダストリアルインテリアや倉庫っぽい雰囲気。1階の床にはへリンボーンと言われる柄のフロアタイルをセレクトされました。
フロアタイルはクッションフロアと少し違い、木目柄や石目柄は凸凹も再現され本物と間違うほどリアルな床材です。
汚れや水に強くまた、クッションフロアと違いクッション性が無いので傷などに強く土足も対応している物もあります。
当社の打ち合わせスペースの床がフロアタイルでヘリンボーン柄。この床材を気に入っていただき採用。ヴィンテージさを感じる色と雰囲気の床でデザイン性もUP。

へリンボーン柄は最近は床材や壁の一部に貼ったりと人気があるので、ご存知の方も多いと思います。ヘリンボーンとはひらきにした魚の骨に似る形状からニシン(herring/ヘリン)の骨(bone/ボーン)という意味を持っています。
“矢羽状”に敷き詰めたような見た目をしていて、上品でクラシカルな空間を演出。高級感もあり、アンティークな雰囲気の洋館やホテルでも見かけることがあります。
2階は無垢の床材(パイン材)を採用。天然の木で造られた床材です。
カラーは濃いブラウン色。洗いざらし感、ヴィンテージ感のある床材でインダストリアルの重厚感や年代を感じさせるユーズドのインテリアにも負けない雰囲気があります。

さらにデザイン性だけでなく余分な湿気を吸収し、逆に湿度が足りない時は溜めた水分子を放出するという調湿性があります。
また爽やかな木の香りが本当に良くて「この香りを内覧会で体感して好きになり この床材にしました。」というお施主様もたくさんいらっしゃいます。


壁のクロスは1000種類以上の中から悩んで、悩んでセレクトされました。
全体の壁はホワイトやベージュ系で落着きのある感じに。天井や収納の中はカラークロスで遊び心のある配色に。

セルロースファイバー断熱材

今回のお家の断熱材はセルロースファイバー断熱材。当社でも最強の断熱材としてご紹介しています。
セルロースファイバーの施工は壁とシートの間にエアーポンプを使って隙間なくパンパンにセルロースファイバーを注入します。そのため気密性がとても高く、高い断熱性能があります。

セルロースファイバー

  パンパンになるまで詰め込まれたセルロースファイバー。
  細かな部分は手作業で詰めます。

実際にセルロースファイバーを施工した設計スタッフに効果を聞いてみました。
特に冬場、北摂の寒さや大きな吹抜けのある開放的なLDKという空間の造りを考え、大空間用のエアコンを2台設置したそうですが、1台で十分!2台目は使わなかったほど。
しかも一度お部屋が暖まると冷めにくく、暑過ぎてエアコンを消しているというお施主様も多数いらっしゃいました。前のお家より確実に夏と冬の光熱費が下がったそうです。

ちなみに、当社の社長宅もセルロースファイバーです。冬場でも暖かいお家の中で半袖で過ごしていたため、来客した方が半袖姿に驚かれたそうです(笑)。

さらにセルロースファイバーの材料はリサイクルなどで回収された古新聞紙。木質繊維系のため調湿性能があり家の中だけでなく壁中の余分な湿気を吸収し排出して内部結露を防ぎます。
(洗濯物を室内に干す時に下に新聞紙を敷くと湿気を吸って洗濯物の乾きが早くなるという裏技がありますが、原理はそれと同じです)

そして素材の一つとして使われているホウ酸は眼科で洗浄液に使われていたり、目薬にも入っている人体に影響の少ない自然素材です。このホウ酸は哺乳類や植物には恩恵をもたらすのですが、昆虫には厳しい作用を起こします。この効果を利用して造られているのがホウ酸団子やシロアリ駆除・予防の薬品です。
セルロースファイバーにはホウ酸が入っているため高い調湿効果との相乗効果で防蟻、防カビなどの効果があると言われています。

高い断熱性能と調湿性、害虫予防の効果や人体への安全性、エコ性などたくさんの特長があるまさに最強の断熱材です!

外観デザイン

お施主様のご覧になられていた『ガレージハウス』のイメージ写真などにブラックの外観のお家が多かったことや、色数をおさえたシンプルなデザインが好みとご希望いただき、ブラック色をメインでデザインを検討。

その後当社の内覧会で外観全体をブラックでまとめたお家を見学され「やっぱり黒がかっこいい」と再確認。窓サッシや軒天、玄関ドア上の庇など全てブラックでスッキリ統一するデザインに。

インナーガレージのシャッターはシルバーやブラック、ブラウンなどとても悩まれました。そこでお施主様がイメージしやすいようにシャッターカラーを変えた外観のイメージパースを制作。選ばれたカラーは木調のブラウン色です。

サイディング材の無機質なブラックに木調ブラウン色シャッター、玄関ドアもナチュラルなブラウンカラーに合わせることで、ブラックの中のブラウンが際立つ シンプルなのにメリハリの効いたかっこいい外観に。
写真はメーカーの施工例です。


| main |兵庫県伊丹市T様邸 >>


▲PAGE TOPへ