デザイナーズ住宅|大阪|注文住宅・リフォーム・自由設計【MJ HOUSE】
MJHOUSEで建てるお家の情報です。
住まいはそこに住む人の幸せな入れ物
main| 『LDKにロフトがある かっこいい空間のお家』大阪府吹田市岸部北1丁目丁目S-HOUSE >>

『LDKにロフトがある かっこいい空間のお家』

外観イメージ図
※外観イメージ図です
 
38project 2017年12月中頃着工
敷地面積
27.36坪
施工床面積
31.55坪
構造
木造2階建て
間取り 4LDK+W-CL+土間収納+ロフト
おしゃれなご夫婦のこのお家は性能も高く、耐震等級3、断熱等級4のお家と
なっています。
国が定めた物差しだけでなく、バランスの良いお家を目指しました。
実は2階のロフトは構造として重要な役割を担っているのですが、意匠性も高く
とてもカッコイイ空間になっています!
僕もとても完成を楽しみにしているスペースです!
S様、この度はMJ HOUSEをご指名頂きありがとうございます。
お引渡し後、長い本当のお付き合いが始まります。
どうぞこれからも宜しくお願いいたします。
  iskawa
一級建築士 財津 智之

現地の特徴

北西角地で土地もほぼ平坦で、道路との高低差が無い土地です。敷地の間口は12.8m×7.4mの
長方形で、敷地の裏は駐車場です。北側、西側、東側の3方が空いている陽当りと風通しの良い
敷地条件です。
吹田市岸部北1丁目区割り図

S様との出会いは?

当社のHPを見て「吹田駅周辺で探しています」とお電話をいただいた事がS様との初めての出会いです。
その時にこの岸部北1丁目をご紹介。
そこから2〜3か月ほど期間が過ぎ「まだありますか?」と再度、ご連絡を頂き、
S様とMJ HOUSEの本格的なお家造りが始まりました。

開放的なお家にしたい!

打合せ当初より「明るくて開放感のあるお家にしたい!」「2階建てのお家で2階にLDKのある
プランにしたい」とご要望をいただきました。
そこで開放感があり、暮らしやすいお家を目標に打合せを重ねました。

玄関ホール

まずは1階フロアーからご説明します。玄関ホールはスッキリと広めに計画。
入って左側にはシューズクローゼットとは別に玄関の土間がそのまま続いた土間収納を設置。
これまでの施工例などご覧いただきなかがら、S様のお家にも造ることが決定。
スペースは1帖あり、扉付きです。

収納の中が土間なので、アウトドア用のテントや釣具道具など重い物、汚れや匂いが気になる物などを
収納するのにとても便利です。
また、お家の中で収納しづらいスノボの板や釣竿などの長い物を収納するのに最適!

もちろん、靴をたくさんお持ちの方ならシューズクローゼットとしてもご利用いただけます。
内覧会などで見学された方のほとんどが「うちにも欲しい!」と言われるくらい、本当に便利なんです。
和室の施工例
※MJ HOUSEの施工例です。
扉付 土間収納の施工例。
当社の土間収納の施工例です。
今回のお家の土間収納のサイズは1帖サイズです。

1階フロアー

2階にLDKを配置するため、1階は家族のプライベートルームとして計画。
「子供部屋はベッドと机が置ければいい」ということで、収納を確保した4.5帖で2部屋を計画。
最近は「子供部屋はあまり広くて快適だとお部屋にずっと籠ってしまうので、4.5帖+収納があれば十分」
とお考えのお施主様も増えています。
私も実家では4.5帖の部屋でしたが、集中して勉強もできるちょうどよい広さでした。
お子さんにとっては、新しいお家で自分だけの部屋!というだけでとても嬉しいと思います。

ウォークインクローゼット

S様より「洋服が多いので収納がたくさん欲しい」「できるだけ物を表に置きたくない」とご要望を頂き、
寝室の横に4帖サイズの大きなウォークインクローゼットを造りました。
打合せ当初はウォークインクローゼットの入口は廊下側にありましたが、収納する物など検討を重ねて
寝室から出入りできるように入口の位置を変更。
ウォークインクローゼットの横幅は1.8mほどあるので、両側の壁にハンガーパイプを設けて
洋服をかけても圧迫感を感じることなく奥までスムーズに行き来ができ、洋服も選びやすくなっています。
家中の荷物はこのウォークインクローゼットで収まるのでは?と思うほど、大容量です。
和室の施工例
※MJ HOUSEの施工例です。
ウォークインクローゼットの施工例。
当社のウォークインクローゼットの施工例です。
この写真は3帖ですが、
今回のお家は4帖あります。

LDK

2階LDKは開放感を感じてもらえるように、勾配天井にして天井をできるだけ高くとりました。
一番高い所で高さ4m(通常は2.4m位)あり、開放感は抜群!!
また、高い位置に窓を設けることで日中の安定した光がLDKへ入るように計画。
この窓を3連並べることでデザイン性もアップ!

さらにキッチンの上の部分にはロフトを設けることをご提案。
空間的に動きが出てインパクトもあり、かつ荷物置きとしても利用できます。
LDKのイメージ図
※打合せで使用したイメージ図です。
LDKのイメージ図
※打合せで使用したイメージ図です。
さらに開放感を感じてもらえるように、リビングの先(道路側)に4.5帖の広いバルコニーを造り、
掃出し窓を設けました。
LDKは16帖ですが、バルコニーの先までLDKのようなつながりを感じることができるので、実際には
もっと広く感じます!

実は打合せ当初はここまで広いバルコニーではありませんでしたが、
「LDKにくつろぎを感じたい」「バルコニーでビールを飲みたい」とS様が言われていたので、
バルコニーが第2のリビングとしても使えるくつろぎの空間となるように、
贅沢に4.5帖サイズにすることをご提案し採用となったバルコニーです。

LDKの収納

キッチンの後ろの壁には冷蔵庫のスペースを空けて、引違いの扉付収納を造作。中は収納する物によって
枚数を変えたり、棚の高さを変えることが出来るように可動式にしています。 (下図参照)
また、扉は半透明(すりガラスのような)なので、扉を閉めれば全て隠すことが出来ます。
インテリアにも統一感が生まれすっきりとしたLDKに。

設計を担当した財津曰く、「とてもかっこいい空間!」との事です。
通常の収納とは別に、階段上のスペースを使った収納を造りました。
階段上の収納は「漫画やDVD、アルバムなどリビングで読んだり見たりできるように収納する場所が欲しい」と
ご要望を頂き造った収納です。

和室

打合せ当初「ゲストの宿泊用や客間としても 使えるように和室を一部屋欲しい」と、ご希望をいただきました。
そこで当社でも大人気のLDKに隣接する形状で4.5帖の和室をご提案。
一体感を感じてもらえるように床はLDKとフラットにしてバリアフリーに。

押入れは伝統的な和室に用いられる吊押入れ形状に。下の空間が空くことで床が延長され、
空間に広がりが生まれます。(下図参照)
また、お施主様からのご希望により和室との入口に扉を設けました。
閉じれば完全な客間として、またはゲストの宿泊スペースとしてご利用可能な和室です。
和室の施工例
※MJ HOUSEの施工例です。
これまでに施工した吊押入れの施工例です。和室の吊り押入れ   和室の吊り押入れ
このリビングに隣接した和室は当社で大人気のスタイル!特に子育て世代の奥様からとてもご支持を
いただいています。
お子さんを畳スペースでお昼寝させたり、おむつを替えたり、遊ばせていてもリビングから確認がしやすい
配置です。また、和室からもバルコニーに出ることができるので洗濯物をたたんだりするのにも便利。

畳が気持ち良くて、ついゴロゴロして癒されています、と実際に取り入れられたお施主様から
感想をお聞きしました。
客間としてだけでなく、普段から大活躍間違い無し!の和室です。

クロスの一部をご紹介

和室のクロス
子供部屋の壁のクロス
和室のクロス
子供部屋
収納の中のクロス
和室のクロス
子供部屋
収納の中のクロス
  1Fのクロス
各居室、壁の色はホワイト系で
シンプルに。収納の中はきれいな色や柄のクロスを使って遊び心を。
和室のクロス
LDKの壁のクロス
  和室のクロス
キッチン前の壁・
ロフトの壁
      2FのLDKのクロス
キッチン前の壁と上部ロフトの壁は
ビンテージな雰囲気の濃いブルー色のクロスをアクセント貼り。
和室のクロス
和室の壁のクロス
  和室のクロス
和室の壁のクロス
      和室の天井のクロス
和室の天井は渋いえんじ色のクロスに
して、かっこいいアクセントを。

外観デザイン

外観デザインはS様がイメージ写真を持参され、それを基に検討しました。
S様がイメージしやすいように数パターンのパースを制作。
貼り分けの位置、バランス、アクセントとなる木目調の外壁材の色合いなど、一緒に検討しました。
吹田市岸部北1丁目S-HOUSEの外観イメージ図 吹田市岸部北1丁目S-HOUSEの外観イメージ図
貼り分け無しの一色で制作した
イメージ外観図です。
イメージしやすいように上の角度から
制作しました。
  吹田市岸部北1丁目S-HOUSEの外観イメージ図
ブラウン系で制作したパターンです。   ナチュラルな木目で貼り分けをしたパターンです。
 
貼り分けの面積を変えたパターンです。  
最終決定した外観パースです。   最終決定した外観イメージ図です。

ネイビー色の外観に、明るすぎない木目調の外壁材を横方向にアクセント貼り。


| main |『LDKにロフトがある かっこいい空間のお家』大阪府吹田市岸部北1丁目S-HOUSE >>

▲PAGE TOPへ