デザイナーズ住宅|大阪|注文住宅・リフォーム・自由設計【MJ HOUSE】
MJHOUSEで建てるお家の情報です。
住まいはそこに住む人の幸せな入れ物
main| 『家事も楽々!たっぷり収納のお家』大阪府吹田市岸部中1丁目モデルハウス >>

『家事も楽々!たっぷり収納のお家』

外観のイメージ図  

2020年4月着工
敷地面積
70.08(21.19坪)
施工床面積
123.11(37.24坪)
構造
木造3階建て
間取り 4LDK+土間収納
敷地面積は21.1坪、前道は4mあります。さらに敷地の横はスペースが空いており、2方向が開いている敷地条件を活かすこと、そしてお客様より毎回ご希望の多い4LDKを確保し、さらに2階のLDKフロアーにお風呂と洗面など水廻りをまとめ、収納もたっぷりと計画した暮らしやすいお家がコンセプトです。


最寄り駅は再開発でどんどん便利になっているJR岸部駅。
現地より駅まで徒歩約10分、自転車であれば5分ほどで駅に到着できる便利な駅近物件です。ちなみに、JR岸部駅からJR大阪駅まで約16分。現地からの徒歩も入れ、30分以内に大阪中心街までアクセスできます。
また、JR吹田駅まで自転車なら約15分、阪急南正雀駅まで自転車で約6分の2WAYです。

再開発が進み、JR岸部駅も大きくキレイに改築されています。それに合わせて現場周辺の道路もきれいに整備されており、現地南側から駅へと続く道路は平坦で幅は16m(歩道含む)。自転車での移動も楽々です。
下は現地写真です。
吹田市岸部中1丁目7区画 現場写真
きれいに改装されたJR岸部駅
吹田市岸部中1丁目7区画 現場写真
現地南側の整備された道路
また、JR岸部駅の近くにある国立循環器病研究センターを中心に、国際級の先端的な研究開発を行う企業等の研究施設を集積した『建都』のモデルタウン。
市立吹田市民病院、駅前には大型商業施設『VIERRA岸辺健都』、『建都レールサイド公園』があり現在は大型図書館『健都ライブラリー(仮称)』も建設中です。(2020年5月現在)
※吹田市役所の資料より(2020年5月現在)

さらにスーパーマーケット『ライフ』徒歩約5分、ホームセンター『ロイヤルホームセンター』が徒歩約5分にあり、日常のお買い物もしやすい環境です。



国立循環器病研究センター
徒歩約5分

市立吹田市民病院
徒歩約5分

VIERRA岸辺健都
徒歩約8分

健都ライブラリー(仮称)
徒歩約3分

建都レールサイド公園
徒歩約3分
JR岸辺駅
岸部中第2公園
徒歩約2分
   

玄関に大型収納

玄関に入ると左側に玄関収納。そして右側にある扉を開けると広い土間収納スペース!広さは3畳分あります。
入口のサイズは横幅1.8mと間口が広く、両開きのフルオープンできる扉。幅のある物や長い物、重い荷物などは抱えながら階段を昇り降りするのはとても大変。玄関に大型の収納があればとても便利です。

※写真は同じ間口サイズの土間収納です。 扉はフルオープンできます。

また、現在も続く新型コロナウィルスの影響でトイレットペーパーなど生活必需品が品薄になる状況もありました。玄関に大型収納があればストック品、備蓄品もたくさん収納できます。重たいお水のストックなどもここに置けると楽です。
さらに、地震や台風などの天災が起こった時の防災グッズなどもここに置いておけば、避難の際にスグ持ち出せて便利です。
しかも床は玄関から土間続きのため お家の中に入れたくない灯油缶やDIY用品、大きなクーラーボックスやテントなど泥が付いたもの、さらには自転車、ベビーカー、車イスなどスッポリ入るサイズで盗難対策にもなります。

土間収納内の正面の壁一面は下地補強を施しており住まわれる方が好きなサイズで安全に棚など取付可能。
例えばこだわりのロードバイクやスノーボードの板など金具を取り付けて壁にディスプレイもできます。先程もお伝えした通り、中の広さは3畳とたっぷりあるためメンテナンス用品や小さなデスクを置いて自転車のお手入れスペースにしたり、DIYがお好きな方は作業場所として使ったり、部屋としても色々な使い方が出来る空間になっています。

2世帯でも暮らしやすい間取り

今回のお家は1階に和室とトイレ。2階にLDKとお風呂・洗面・トイレなどの水廻り。3階は主寝室と子供部屋の3部屋を配置した4LDKの間取り。
2世帯でも暮らし可能な間取りになっています。例えば将来的に1階には和室とトイレがあるため、親世帯のフロアーに。2階LDKと水廻りは共有で使うコミュニケーションのフロアー。3階を子世帯とすることで1階と3階でフロアーを分けて生活できるメリットもあり、生活空間を1階と3階に分けられるため、生活音などが気になりにくい配置になっています。

そして1階の和室にはガレージ側に掃き出し窓があります。将来的に介護が必要になった時もこの掃き出し窓から出入り可能なため、玄関まで回らなくても大丈夫。
以前、介護に詳しいプロの方にお伺いしましたが、介護の場合マンションなどの上層階ですと車までの移動が大変だったり、戸建てだと玄関からしか出入りが出来にくい場合、1階に掃き出し窓があるお家はすごく便利で介護がしやすいとの事でした。

1階を和室にしたもう一つの理由は「1つは畳の部屋が欲しい」というご希望をよくいただくため、今回のお家にも造りました。また、1階を和室にするメリットとして急なお客様や普段の家族の生活場所を見せるのはちょっと…という場合に2階まで上げることなく和室で対応可能でとても便利。

その他、お引渡しをさせていただいたお施主様は「子供達のスペースとして和室を造ったけど、住んでみると畳が気持ち良くて子供だけでなく、私も一緒に家事の合間に寛いでいます」と言われていました。また、ご主人がお休みの日にリラックスするスペースとしても使われているそうです。

内覧会でも「畳のいいにおい!やっぱり和室っていいよね!」とよくコメントをいただきます。 日本人にとって井草の香りや畳の手触りは懐かしさを感じさせたり、普段のリビングと違った雰囲気にリフレッシュ効果があるのかもしれませんね。余談ですが…新しい畳の香りも良いですが、私は歳月の経った落ち着いた畳の香りも実家を思い出してとても落ち着きます。

家事楽々のキッチン&ダイニング

1階から2階へ上がると正面が洗面室の入り口。LDKへ入って色々な場所を触ってしまう前に…帰ったらまずは手洗い&うがい!ができます。さらに左側にトイレがあり、その先にLDKと続きます。

LDKの広さは全体で16.5畳。入口から見てキッチンとダイニングは右側の道路側バルコニー前に、リビングは左側(敷地の奥)に配置し、キッチンの後ろに洗面室とお風呂をまとめてレイアウト。
料理をしながら後ろで洗濯とお風呂の準備、さらに洗濯干しまでの一連の作業が とても短い動線の中で完結できます。
さらにキッチンはオープンな対面式でLDK全体が見渡せ、お子さんとコミュニケーションを取りながら家事を楽しく、スムーズにこなせます。また、リビングイン階段のため、家族の出入りもキッチンにいながら把握することも可能で、安心です。

この配置なら主婦の方の移動が最小限で済み、家事の時短になりとても楽々。とこれまでの子育て世代のお施主様方から たくさんの太鼓判をいただいたプランです!

ダイニングの横のバルコニーは大きな掃き出し窓があり、光と風通しもgood!
大きな窓の近くで朝日を浴びながら、そしてバルコニーの解放感も味わいながら食べる朝食はとても美味しく感じると思います!! また、匂いが出やすいキッチン、ダイニングの換気がしやすいのは嬉しいですよね!
さらにキッチン横にバルコニーがあると、ごみを出し忘れた時にちょっとした保管場所としても便利に活用できます。


これまでにたくさんのお客様から様々な住まい方やライフスタイルについてお伺いし、そのご意見を取り込んだお家を建ててきました。水廻りの配置、階段の位置や形状、窓の配置一つ一つが住まれる方の生活が便利なことや安全性、見た目のデザインや解放感など、全て常に頭に置きながら設計しています。
それは図面や写真だけでは分かりにくい部分。実際に現地で見て体感してもらうのが一番だと思ます。
そんな設計士の工夫をチェックしながら、理想のお家造りのヒントを発見していただければと思います。

内装デザイン

LDKは全体で16.5畳。キッチンとダイニングの天井クロスの色を変え、空間の繋がりはそのままに視覚的に色合いが違うことによりスペースが分かれているような演出にしています。

リビング一番奥の壁は横幅が3.6mほどあり、この壁一面に下地補強を施しました。この壁内でしたらどこでも自由に釘が打てるため、大きなインテリア品も壁付けできます。
ここはTVを置くスペースとして計画。 例えば、TVを中心に置いても左右にスペースがあるため絵画やポスターをを飾ったり、棚を取り付けてインテリアを飾ったり。壁を飾って個性を楽しみながら、LDK全体のおしゃれさをグレードをアップしてくれるスペースです。

室内はホワイト色をベースに、床にはヴィンテージ感のある濃いブラウンの無垢の床材を組み合わせ、ナチュラルで優しい質感をプラス。カラーにメリハリがありながら、風合いのある空間に。
ナチュラルな風合いを活かすべく、ドアの取っ手、窓サッシに少しアイアンテイストのブラックを採用し、空間の差し色としました。少しブラックを取り入れることでお部屋全体に カフェのようなテイストを楽しんで頂けるようコーディネート。また、キッチンスペースの奥の壁一面にベージュ系カラーのタイルをアクセント貼りし、デザイン性もさらにUPします!

おしゃれでナチュラルな雰囲気を感じるキッチンに立つと普段のお料理にひと手間を加えたくなるような気持ちになって、ご家族で楽しんでいただける そんな空気感を目標に計画中です。

充実の収納スペース

1階には先ほどご紹介した玄関横の大型収納があり、それにプラスして廊下にも高さ2mの収納を造りました。玄関が近いため履かない靴や季節の家電、1階トイレのストック品など収納可能です。
和室の収納も大きくお客様用のお布団のストックもたくさん入り、ひな人形などの大きな物も収納できます。

2階キッチンの横はパントリー収納を造りました。 横幅90cm、高さは天井まであり大容量。
食料品、普段は使わないお皿、ホットプレートなどのキッチン用品から、備蓄品、ストック品、さらにごちゃごちゃとしがちなLDK周りの荷物類までたくさん入ります。

そして3階の3部屋は全てに大型の収納を造りました。収納の奥行は90cmほどあり大きなタンスもスッポリ!
お洋服以外にもこれまで表に出ていた収納ラックもこの中で収納でき、すっきりとしたお部屋が作れます。
さらに1階と同様に廊下にも天井まで使える収納があるため、入りきらない荷物、季節の洋服や家電類などが収納出来て便利です。

収納が少なくて お部屋がなかなか片付かず苦労されているご家庭があれば、1階から3階まで充実した収納スペースを造りましたので、常にスッキリとしたお家で便利に暮らしていただけます。

外観デザイン

外観カラーは爽やかさ、柔らかさをイメージしてホワイト色をセレクトしました。
そこに窓サッシや玄関ドアをブラックの差し色で取り入れた シンプルだけどオシャレなデザインです。

ホワイトの外観のお家は珍しいことではありませんが、ブラックの分量に注意することで きつくなりすぎない柔らかさも感じられるデザインになっており、普通の真っ白のお家とはちょっと違うと感じてもらえると思います。

玄関周りに植栽を置くだけでホワイトにグリーンがとても映えるので、優しさ、ナチュラルなデザインも楽しんでいただけます。

開発が進み道路が改装されたり、これから建物やお家が建っていく新しい街並みの中でも、景観と馴染みながら ちょっと目を引くデザインに仕上がっています。
さらにお家の中のカラーと合わせることで、外と中で統一感も持たせています。

外観のイメージ図



| main |『家事も楽々!たっぷり収納のお家』大阪府吹田市岸部中1丁目モデルハウス >>


▲PAGE TOPへ