デザイナーズ住宅|大阪|注文住宅・リフォーム・自由設計【MJ HOUSE】
MJHOUSEで建てるお家の情報です。
住まいはそこに住む人の幸せな入れ物
main| 大阪府北摂T-HOUSE>>

『海外で暮らしているかの様な
 解放感あふれるお家』

 
2021年3月着工
施工床面積
132.29(40.01坪)
構造
木造2階建て
間取り 3LDK+フリースペース
吹抜+ウッドデッキ



全てがバリアフリーの1階フロアー

 現地は道路との高低差が2m以上あるため通行人からお家の中が見えにくく、さらに道路の先はグラウンドで遮るものが無く風と光もよく入る環境です。この敷地条件を活かし、西側に大きな窓をたくさん配置。
西側に大きな窓をたくさん設けたもう一つの理由は、お施主様が夕暮れ時に西から差し込む光の雰囲気が
お好きだからだそうです。

さらにLDKは仕切りが無い開放的な空間にしたいとご要望をいただき、玄関スペースとLDKの間にドアや
壁を造らず一つの大空間となるように計画しました。

それでは1階の大まかな配置をご紹介いたします。玄関を入るとすぐに広いフリースペース。玄関とフリースペースの間は段差が無く、フラットなバリアフリー。海外のエントランスのようなデザインにしたい、
とご希望をいただきこのスタイルに。

玄関入口のフリースペースの西側上部には光を取り込むため正方形の大きな2つのFIX窓を配置。その壁の下のスペースには窓とサイズを揃えたカウンター型の収納家具を製作予定。ちなみにこの収納家具はリビングで使用される日用品を収納する役割もあり、素材などは現在打ち合わせ中です。

フリースペースを通った先にはキッチンスペース。キッチンの上部には大きな5畳の吹抜けと2階へ繋る
リビングインのオープンな鉄骨階段。
キッチンスペースには規格サイズの中で一番大きいサイズにしたいとご希望があり、大きめのFIX窓を2つ
並べ、明るいキッチンスペースに。

そして家族が集まるダイニングとリビングは落ち着いて寛ぐスペースになるよう1階フロアーの一番奥に
配置。 さらにお部屋に広がりを感じたいとリビング・ダイニングの横に約10畳の広いウッドデッキを配置。 ダイニングとリビングそれぞれからウッドデッキへ出ることができます。リビング側は大きな掃き出し窓、ダイニング側は両側に全開放できる折りたたみのテラス用掃き出し窓を設け、ウッドデッキテラスへ広がりを感じる空間に。
1階フロアーは玄関、フリースペース、LDK全てバリアフリーの空間で繋がっており、フロアー全体で30畳の開放的な大空間に。

お施主様が実現したかった空間

 吹抜と鉄骨階段に隣接した開放的なキッチン。スペースは11畳あります。そして空間をより広く使える
ように、キッチンは壁に寄せた壁付けタイプをセレクト。

キッチンの向かい側には先程ご紹介した大きな窓が2つ配置されており、窓の外にはグラウンドが広がり
開放感たっぷり。この大きな窓の前に設置されるのはスケルトン鉄骨階段。
骨組みとなる鉄骨部分は重厚感のあるマットなブラック色。鉄骨のブラックが広い空間を引き締め、
LDK空間をよりモダンで立体的なデザインに。このオープンな鉄骨階段により窓の景色や吹抜から入る
光を遮ることなくキッチンへ取り入れます。



さらに先程ご紹介した吹抜は約5畳ととても大きく、この吹抜上部にも大きな窓を2つ配置。ここからも
たくさんの光が2階廊下やLDK全体へ。
この吹抜と窓、鉄骨階段を組み合わせた開放的なデザインは、打ち合わせ当初からお施主様が実現され
たかった空間です。

オーダーメイドキッチン

 キッチンはオーダーメイドで自由に造りたいとご希望をいただき、ハンセム社のフルオーダーメイドを
選択されました。

ハンセム社は韓国ブランドで、このブランドの一番の特徴は天板のクォーツストーン。
「クォーツストーン」とは93%天然の水晶(クォーツ)を砕石し色付けをした後、ポリマー樹脂で成形された天板材です。
特長としては衝撃耐久と汲水・調味料汚れなどに強く耐久性を兼ね備えており、ヨーロッパを中心にハイグレード天板として人気の商品。お施主様がその中でセレクトされたカラーは落ち着いたベージュカラー。

キッチン扉のカラーは床に採用される予定のオーク材と合わせたリベラオークという木目柄。木目の凹凸感もリアルに表現されており、フローリング材とコーディネートし空間のデザイン性に統一感を。
オーダーしたキッチンのサイズは標準よりも大きめで、調理スペースが2か所ある横3.4mのキッチン。
ゆったりと作業もできる広さです。

私も先日、天板のクオーツストーンの実物を見せていただきましたが、高級ホテルのレストランで使用されているような上品な風合い。天然の水晶の輝きがきれいで、ラメを施したようにキラキラしていて高級感
たっぷり。お料理やお食事が楽しくなりそうです!

リビング&ウッドデッキテラス

 リビングは家族がゆっくりと寛げる空間にしたいとご要望をいただき、約10畳のスペースを確保。
玄関から一番離れた奥の位置に。
そしてリビングの横には先程御紹介した10畳以上の広さがある大きなウッドデッキを配した開放的な空間。
掃き出し窓を開けると内と外が一体化し、お家の中にいても外にいるような曖昧さ。ホテルのテラスにいるような雰囲気を味わうことができます。

リビングとダイニングの天井にはウッドデッキ側に向かって見せ梁を装飾。これはお家造りの参考にネットなどで見られたイメージが気に入られ、取り入れたいとご希望を。

ウッドデッキからは目の前のグラウンドを見下ろすことができ、周囲は緑が多く自然豊かな環境。緑の香りをたくさん含んだ爽やかな風をリビングにたくさん取り込みとても気持ち良さそう。ベンチやデッキチェアを出して、お昼寝もGOOD!
さらに水栓も完備しているのでお子さんのビニールプールを出したり、テラスレストランのようにお友達とBBQやガーデンパーティも開催可能。お腹いっぱいになったらリビングでゆっくり寛ぎながらゲストとの
会話を楽しむこともできます。
お風呂上りにも風にあたったり、お酒を飲みながら星空を見たり、時間を忘れてゆっくりできる第二の
リビングテラスです。

昨今の新型コロナウィルスの影響により、気軽に外出が出来ない状況が続く中、 お家時間を楽しんだり
お子さんも遊べるスペースがあれば常にリフレッシュしながら笑顔で過ごせそうです。

将来を見据えた計画

 おばあ様の介護の経験から将来の事を考えられ、介護がしやすいように事前に準備、工夫をされています。
まず、道路との高低差が2mあるため道路から玄関へと設ける外部のアプローチ階段は将来、電気昇降機が
設置できるよう一部スロープ形状にし、電源を設けています。
さらに玄関は広く開けることができる親子ドア。介助をしながら大人2人でも同時に通りやすく車イスも入りやすいサイズです。

そして、先ほどご紹介しましたが玄関エントランスの上り框(段差)は無く、一度お家の中へ入ってしまえば
1階フロアーは全てバリアフリー。さらに仕切りが無いためそれぞれのスペースが広く、介助、車イスの動きがスムーズ。
トイレも入口、内部スペース共に広めに計画され、壁は将来、手すりを設置できるよう下地も準備され
ました。

もう一つ、リビングとダイニングは合わせて15畳のスペースがありますが、必要になった時はここに
もう1つ6畳のお部屋を造れるように、電気の配線なども計画済み。将来の暮らしやすさも考えられて計画
されたお家です。

独立したおしゃれな洗面

 今回の洗面スペースは洗面台と脱衣室が分かれた形状になっています。洗面台は脱衣室入口の手前の廊下に設置し、お客様も使いやすいように独立させました。
また、洗面台を独立させることで誰かが脱衣室を使用中でも洗面台は気兼ねなく使えたり効率よく使用できます。

洗面台はリビングからも見える位置にあることから、デザインのポイントになるおしゃれな洗面台に。
扉のカラーは色合いや質感をとことん追求した木目柄。汚れに強いメラニン製面材の素材感と黒フレームをマッチングさせたモダンテイストが特徴です。水まわりスペースに存在感を主張しつつも落ち着いた
ブラウンカラーの「ウォルナット」色に。

ミラーキャビネットも同シリーズの物で合わせデザインに統一感を。ミラーの後ろは収納棚になっており、化粧品や細かい小物がすっきり収まります。下部のシェルフにはよく使うものを置いたり、グリーンなどを飾ってディスプレイを愉しむこともできます。


2階フロアー

 モダンな鉄骨階段を上がると、2階フロアーへ。吹抜を囲むように設置する手すりは鉄骨階段と同じ
ブラック色の縦格子。大きな吹抜けがあることで1階フロアーと2階フロアーの空間を繋ぎ、家族の声や
雰囲気をダイレクトにつなぎます。

2階フロアーの北側には主寝室、西側に1部屋、南側に1部屋、フリースペースの4部屋を配置。東側には
ご家族皆さんで使われる大きなファミリークローゼットを配置されています。
大きなファミリークローゼットを造ることで、それぞれのお部屋にあえては収納を設けず、スペースを
ゆったり使えるように計画されています。


主寝室は10畳と広くゆったりサイズ。道路側にバルコニーを配置し、バルコニーの手すり壁はブラック色のアルミ製のルーバーを施工予定。プライバシーを保持しながら風と光も取り込めます。 天井にはシーリングファンを。窓から入る気持ちの良い風と天井で回るシーリングファンはまるでリゾートホテルの一室のような贅沢な時間が過ごしていただけそう。

そして1階と同じく2階フロアーの一画にも3畳以上あるフリースぺースが。自由度を上げるため空間を仕切るドアを設けず、趣味やライフスタイルに合わせ、使い方を柔軟に変えていけます。例えばお子さんが小さいうちはキッズスペースにしたり、その他ワークスペース、ちょっとした寛ぎスペース、または荷物が増えた時の収納場所として利用してもOK。

計画中の内装デザイン

 1階は全てフラットなバリアフリー。玄関の床からキッチンスペースまで同じ床が続く海外のエントランスのようなスタイルのデザイン。床のタイルは只今選定中との事です。

ダイニングとリビングの床は無垢のオーク材。ウイスキーの熟成樽にも使われるため、お酒に詳しい方は
ご存じかもしれません。
オーク材は木目がはっきりとした高級感溢れる木です。特長としては力を加えると変形しますが、力を除くと元の形に戻るという弾性もあるため、フローリングや家具としても有名な高級木材。

さらに無垢のフローリング材は天然木を一枚の板として使用しているため、木そのものの素材感が息づいており、木の持つあたたかみや香り、調湿性能などを暮らしながら実感することができます。また、色合いや木柄が一枚一枚違い、まったく同じものはひとつとしてありません。これも無垢材ならではの特徴です。
素足でよりリラックスしながら寛いでいただける憩いのスペースになりそう。高級感や落ち着きも感じ、
雰囲気もグッとランクアップしてくれます。

また、先にご紹介したキッチンの床材と空間で素材を分けることでLDK空間にメリハリができ、デザイン
アップにも効果的。


 お部屋のクロスはホワイト系をベースに、アクセントカラーの2色でシンプルにまとめられるそう。
室内ドアは木の本物の質感が好きというお話をお伺いし、自然素材の温かさを感じていただけるデザインの扉をご提案。
1階リビングの壁一面にある大きなクローゼット収納2か所と、玄関のシューズクローゼットの扉はルーバータイプでナチュラルカラー。こちらの扉は当社で人気のフリークスハウスで使用されていた写真を見られ、取り入れられました。
フリークスハウスへ


その他の室内ドアも木の素材感を感じる洋風の框組のドア。このドアには遊び心を感じるカラーが
たくさん!お部屋のイメージに合わせ楽しく選んでいただけます。
寝室や居室などのドアは落ち着いた木目柄、それ以外のドアはアンティークなグレー色、濃いグリーン色、ビンテージ感のある薄いピンク色と居室ごとにカラーを変えた楽しい空間コーディネートに。

高い断熱性能

 採用された断熱材は当社でも人気の高いセルロースファイバー断熱材です。高い断熱性能と壁内と室内の結露を予防する調湿性、さらに外からの音を防ぎ室内の音が外へ漏れにくい遮音性があります。
また、原料は古新聞とホウ酸。ホウ酸は眼科の洗浄液にも使われる程、人体や動物には安全の自然素材ですが、ゴキブリやシロアリなどの害虫を駆除し、カビを予防する効果もあります。

さらにキッチンスペースには床暖房も設置。例えば、床暖房をつけて一度暖まった部屋の空気がセルロースファイバーの断熱性で外部へと逃がすことなく2階へと上がるため、2階フロアーまで暖かくなります。
この現象はセルロースファイバーと床暖房を設置されているお施主様が、実際に実感された体験談です。

そしてお家のサッシ窓は一部を除き、全体に樹脂サッシを採用されました。樹脂窓とは窓のフレームが
樹脂製の窓。アルミサッシに比べ熱の伝導率が低いため室内の暖かさを外へと逃がさず、外気の冷たい空気を室内へ伝わりにくくします。また、樹脂窓は高性能なLow-E複層ガラスと組み合わせることで、より高い断熱性能を発揮。

今回のお家のように空間が広く吹抜があり、特に大きな窓がたくさんあるお家も、セルロースファイバーと樹脂窓を組み合わせることで、断熱性能の高いお家に。

さらに吹抜の天井には、リゾートホテルやレストランなどでも見かけるシーリングファンを取り付け。
ちなみにシーリングファンとは天井に取り付ける大きな扇風機のようなファン。空気を循環させることで
室内の温度をむらなく一定に保つ効果があり、吹抜けや勾配天井など天井が高いお部屋で冷暖房の効率を
上げるのにオススメです。
夏、冬場の光熱費を抑え、快適な住まいを実現してくれます。

外観デザイン

 外観デザインはメタリックな金属のシャープさとナチュラルな木の素材感を組み合わせたデザインが
お好みとお伺いし、美しい水平ラインが特徴のシンプルモダンな金属サイディングをご提案。
ホワイト、ブラック、シルバーメタリックなど様々な色を検討されましたが、明るいホワイト×ブラック
+木の素材感の組み合わせが カッコイイというご意見により、外観を熟考。
どこで貼り分けをしたら一番お家がきれいに見えるか?また、ホワイトとブラックのバランスをどうするかなど検討を重ね、お家の凹凸を活かして貼り分けしました。
さらに2階のバルコニーの奥の壁にも外部用の木板をアクセント貼り。1階にある大きなウッドデッキや
周囲の緑ともバランスを取り、外観がより映える色合いに。

また、道路からお家を見上げると、前編でご紹介した大きなFIX窓から見える鉄骨階段が外観デザインに
一役買っていて、かっこよくシャープな印象。さらに、夜の外観もお勧め!帰宅時に大きな窓からお家の
明かりに照らされた鉄骨階段を臨む夜の景色もGOOD!

ホワイトの爽やかさとシャープな印象のブラックカラー、木の素材感が融合したあたたかみとクールさ、
どちらも楽しんでいただける外観デザインの完成です!








| main |大阪府北摂T-HOUSE>>

▲PAGE TOPへ