デザイナーズ住宅|大阪|注文住宅・リフォーム・自由設計【MJ HOUSE】
MJHOUSEで建てるお家の情報です。
住まいはそこに住む人の幸せな入れ物
main| 大阪府摂津市正雀2丁目 MODEL HOUSE>>

『敷地35坪
 セカンドリビングとして使える
 広いバルコニーのあるお家』

 
2021年8月中旬着工
施工床面積
112.89(34.14坪)
構造
木造2階建て
間取り 4LDK
土間収納
センターバルコニー
車2台駐車可

周辺環境

 最寄り駅は阪急『正雀駅』徒歩9分と駅近!自転車だと約5分ほどで駅まで行けます。さらに大阪モノレール線『摂津駅』も徒歩約14分、JR『岸辺駅』徒歩約17分と3駅使えるとても便利な環境です。
阪急『正雀駅』から『梅田駅』までの乗車時間は約18分。現地からの徒歩も入れ、20分ほどで大阪中心街までアクセスでき通勤やお出かけも便利。
現場の周辺にはスーパーやドラッグストアがあり普段の生活もしやすく、さらに小中学校も近いためお子さんの通学も安心です。

 敷地面積は35坪。敷地35坪の広さを活かし、間取りはお客様よりたくさんご希望をいただく4LDK。さらに車は並列で2台駐車できる駐車スペースを確保しました。
車が1台というご家族は、お子さんのビニールプールを広げたり、外部用のテーブルセットを置いたりとちょっとした庭スペースとしてもご利用できる広さです。

玄関

 まずはじめに玄関スペースをご紹介いたします。お家の中へ入り直ぐ右手側に土間収納を計画。扉付きでサイズは1畳あります。左側にはローカウンタータイプのシューズクローゼット。さらにホールにはコンパクトな洗面台を配置した手洗いスペースを計画しています。

 当社でも人気の土間収納のサイズは奥行は90cm、高さは天井までとかなり収納量があり、入口は観音開きになっており、大きく扉が開くため荷物の出し入れがしやすく、普段は扉を閉めて中は見えません。
いつでもスッキリな玄関を保つことが可能。
さらに土間収納の中の壁は、可動式の棚を設置予定。棚は4段×2列あり、荷物に合わせて自由に高さを変えたり、取り外しも出来るようになっています。
棚の高さを変えたり片側の棚を取り外すことで、旅行用の大きなトランクやゴルフバッグ、キャンプ道具、背の高いサーフィンの板、サイズが合えばベビーカーもそのまま収納OK!荷物に合わせて調整ができるとても便利な収納です。また、玄関と土間で繋がっているため汚れたら水で流せ、お掃除も簡単!
シューズクローゼットと土間収納で荷物が集まりがちな玄関スペースもスッキリ。

 さらにホールには手洗いスペースを計画中。 昨今の新型コロナウィルスの影響で衛生意識が高まり、玄関への手洗いスペースの設置を希望される方が増えています。 リビングに入る前に手洗いやうがいができ、玄関先でウィルスもガード。お客様も気兼ねなく使用していただけます。ちなみにお手洗いも近くにあるため手洗いとしても使用可能。
人が出入りするだけでなく、実用性を兼ね備えた広々玄関スペースです。

LDK

 玄関ホールからリビングドアを開けると目の前は16畳のLDK。キッチンはコミュニケーションが取りやすい対面式のおしゃれなオープンキッチン、その前にダイニング、リビングを配置しました。
リビングの横、南側にはさらに4.5畳の和室が続いており、空間を全て合わせると20.5畳の開放的な大空間。キッチン、ダイニング、リビング、和室と全ての空間が繋がっており、どこにいても家族の様子を確認しながら寛いでいただけます。

 また、家族が寛ぐダイニングとリビングは天井高を2.7mに設定。通常の天井高は約2.4mなので およそ30cm高く設定し、解放感をアップ。そして、キッチンスぺースの天井の高さは通常天井高の2.4m。天井の高さに段差を付けてキッチン空間とダイング&リビング空間を分け、さらにLDK全体に視覚的な違いを付ける事で空間に動きを。

 さらにLDKの東側には横幅1.6mほどの高窓が2つ横並びに配置されています。天井面に近い高い位置に窓を設けることにより、この2つの窓から十分な光と風がLDKへ。また、高窓の下部は窓を上に上げた分、壁スペースが広く空くため家具の配置もしやすくなります。
この高窓のある東側の壁一面には下地補強を施しており安心して棚を取り付けたり、大きな絵やおしゃれな壁掛けオブジェを取り付けたりと、アクセントウォールとして楽しむことも可能。

 さらにリビングの先には4.5畳の和室が。リビングに併設した和室はとても人気があり、当社の注文住宅でも使いやすいと人気の間取りになります。また、リビングと和室の間には3枚の引き戸を設けているため、お昼寝をしたり洗濯物を畳んだり、ゲストルームとして使ったり、他にもリモートワークの場所として用途に合わせて使用できるとても便利な空間。

和室の東側にもリビングと同じく東側に高窓、南側には掃き出し窓を設置し、明るさや風通しもGOOD!
南側の掃き出し窓は荷物が多い時や重たい時など、駐車場から和室の掃き出し窓を使い、直接、お家の中へ荷物の搬入ができとても便利。

キッチンスペース

 使用するキッチンの形状は前に壁が全く無い対面式のオープンキッチン。家族の様子を見ながら、会話しながらキッチン作業を楽しめます。
使用するキッチンは『グラフテクト』社。インテリアに興味のある当社のお施主様の間でも人気が高く「家具のような佇まいのキッチン」・ 「インテリアの核としてのキッチン」・「良いキッチンを手の届きやすい価格で届けたい」という想いから誕生したメーカーです。

カラーは清潔感のある主婦に人気のホワイト色。ホワイト色の面材は光沢感を抑えたマットな質感でシンプルで清々しい、抜けるように白いホワイトカラーです。キッチン扉、ワークトップ(天板)には同じエバルトという高機能なメラニン素材が使われています。高機能メラミン素材は多くの欧州トップメーカーが扱っており、キズ、摩耗、汚れ、水、衝撃に強く、お手入れしやすいのが特長です。

サイズは横幅2.6m、奥行は90cmあり、ゆったりと作業していただけます。また、天板に凹凸が無く奥行もあるため、朝急いで朝食を摂る時などは、ちょっとした食事スペースとしてのご利用も可能。

キッチン扉、ワークトップ(天板)の素材を統一し、とてもかっこいいシンプルでモダンなフォルム。真っ白でシンプルなキッチンは空間を明るく仕上げます。また、スタイリッシュなフォルムはLDKのデザイン性をワンランクアップするだけでなく、開放的に。
お気に入りのおしゃれなキッチンは自然とキレイを保ちたくなります。

 さらにキッチンの横には勝手口ドアがあり、ここからすぐ外へ出ることも可能。キッチン周りで出たゴミ類もこの勝手口から外へと直ぐ出せ便利。
また、キッチンの後方には0.5畳のパントリーを配置しました。食材のストック品や普段は使わない道具類の収納場所として、またはリビングで使う荷物、掃除機などの他、細かい備品の片付け場所としてもご利用いただけます。

水廻りと収納

 開放的なオープンキッチンの横には3.5畳の広い洗面室とお風呂を配置。広い洗面室は室内干しも出来るようになっており、梅雨やゲリラ豪雨などの天候に左右されず、花粉の季節にも◎。共働きのご家庭の場合は気兼ね無く洗濯物を干して出勤できるなどとても便利なスペースです。
スペースも広いためお子さんの着替えもゆったり出来、着替えを入れる収納棚なども余裕で置いていただけます。

またキッチンの近くに配置することで食事の用意、洗濯とお風呂の準備といった日々の家事を効率的にこなす事が出来、家事の時短も可能に。また、複数の家事をこなしながら、リビングで寛ぐおこさんの様子が確認しやすいのも◎。
 
 今回のお家の収納は、1階部分は先程ご紹介した玄関にシューズクローゼットと大きな土間収納。キッチン後方にはパントリー、さらに和室にも押入を設けており、LDKの様々な荷物やお客様のお布団なども収納可能。2階は主寝室と子ども部屋が2つあり、全ての居室に奥行きのある大きな収納を配置しました。

長く住む間にどうしても荷物は増えていくもの。そこで荷物もしっかり納まり、すっきりとしたお部屋の維持が可能なように、できる限り収納スペースを確保しました。

内装デザイン計画

 現在、決定している内装デザインをご紹介いたします。お家全体の床材は無垢のロッジポールパイン材。無垢の床材とは木を加工せず、一枚板のように造った床材です。木そのものが持つナチュラルな雰囲気、室内を心地良くする調湿性、お家に入った瞬間の優しい木の香り、さらに足ざわりの気持ち良さを存分に堪能していただけます。

表面はかすれたような風合いでツルツル ピカピカしたような工業的な床材とは雰囲気が異なり、程よいヴィンテージさを感じとてもオシャレ。
そして使い込むうちに経年変化していき、どんどん味のある床へと変わっていきます。長く使っても飽きがこず、愛着を持てる魅力的な床への変化を楽しめるのも無垢の床材の特長です。

採用するカラーは『ウクレレ』色。ナチュラルカラーより少し落ち着いた濃い色味で、明るさを感じながらも落ち着き、ナチュラルさ、柔らさ、暖かさのある空間造りができ、様々な色味の家具と合わせやすく、お好みのインテリアを楽しんでいただけます。
お部屋の中でも広い面積を占める床は、どういった床材をセレクトするかによって、お部屋の印象が大きく変わります。床材がオシャレだと それだけで空間のデザイン性もアップ。

 また、室内のドアはキッチンと同じくマットなホワイト色。落ち着きのあるナチュラルな無垢の床にホワイトのキッチン、ドアのコントラストがとても映えます。さらに目に入りやすいキッチンやドア類をホワイト色にすることで、お部屋を広く見せる効果も。クロスは現在選定中との事です。

セカンドリビング

 リビングイン階段で2階へ上がると、まず目に飛び込むのは4.5畳と一部屋分の広さがある水栓付きのセンターバルコニー。その横の東側に7.5畳の広い主寝室、バルコニーを挟んで反対側の北側に6畳の子供部屋と3方向を囲まれています。西側にもう一つ6畳の子供部屋があり、2階はバルコニーを中心に4部屋を配置しています。

 センターバルコニーは廊下からと主寝室、北側の子供部屋の3方向から出入りができるよう掃き出し窓を設けます。廊下側にも掃き出し窓を設けることで、暗くなりがちな廊下や階段スペースにたくさんの光と風を取り込み、常に明るく気持ちの良いスペースに。また廊下からと各居室からも出入りできることで、家族が自由に使えるバルコニーです。
また、先ほどご紹介したように3方向を部屋に囲まれ、さらに道路側に面するバルコニーの壁もプライバシーを考慮し高さ2mに設定。外からは中は一切見えません。この程よいこもり感と空の解放感がとても気持ち良い、広い、家族共有で使用できる便利な中庭のようなバルコニーです。

近年は外出もしにくくなり『お家時間』が増えています。こんな広い水栓付きバルコニーがあれば、オシャレなテーブルセットを出してセカンドリビングとして家族やお友達と開放的にお茶を飲んだり、BBQを楽しんだり、また、テントを置いてお家キャンプ、水栓もあるのでビニールプールを広げたり、緑を置いて家族の憩いスペースを造ったり、家庭菜園も!
他にもリモートワークの合間の気分転換、リラックススペースとしてお風呂上りに夜空を眺めながらビールを飲んだり、住む方のアイデアで楽しめる使用頻度の高いバルコニーです。

 よく、屋上バルコニーへのご希望を頂きますが、生活に慣れてくると なかなか屋上まで登るのも億劫になってしまうもの。家族皆の居室があるフロアーにバルコニーを造ることで家族皆が使いやすく、下手したら屋上バルコニーよりずっと実用的なバルコニーになるかも。広いバルコニーを造るなら、よく使うフロアーへ造ることがオススメ!

主寝室と子供部屋

  主寝室は敷地の南側に配置。広さは7.5畳を確保しました。スペースに余裕があり、ドレッサーやテレビボードなどを置いて、お気に入りの空間造りを楽しんでいただけます。

また、主寝室の横には先程ご紹介した4.5畳のバルコニーを配置。バルコニー側に掃き出し窓があることで空間の広がりを感じ、実際にはもっと広く体感していただけます。さらに南側にもう1つ窓があり、掃き出し窓と南側の2つの窓から光と風がたくさん入ります。

朝は2つの窓から入る光を感じ、気持ち良く目が覚めそう。就寝前はバルコニーでご夫婦でビールを飲んだり、と贅沢な時間を満喫していただける主寝室です。



 そして敷地の北側と西側に6畳の子供部屋2つを配置。北側の子供部屋は先ほどのバルコニーに隣接しており、主寝室と同じように掃き出し窓もあるため、バルコニーへ続く解放感が楽しめます。
どちらの子供部屋も広さはしっかり6畳あり大容量の収納も完備!成長と共に増えていくお子さんの荷物にもしっかり対応可能です。

サーモウール断熱材

 サーモウールは天然繊維のバージンウールと特殊ポリエステルを原料に、独自の3D製法でふんわりつくられた国産の羊毛断熱材です。
天然繊維ならではの自然な調湿力があり、 一年中やさしく家を包み込みます。

 サーモウールは断熱材ですが、その目的は「結露と空気環境の改善」にあります。非常に弾力がありフワフワとしていて、たくさんの空気を含むことができる構造で、これは優れた断熱性能だけではなく、壁の中で起こる壁内結露や室内で発生する結露を防止する役割を担うための工夫です。

また、アレルギーやシックハウスの原因となるVOC(ホルムアルデヒド等)や、タバコ・ペット・生活臭の気になる臭いを急速に除去し、健康な住まいを実現します(メーカーHPより)。
そしてその効果は半永久的と言われています!

 実際にサーモウール断熱材を施工したお家のお施主様より
「吹抜があるのにマンションや前の戸建てと比べても、凄く暖かい!」
「ストーブ1台で部屋がしっかりと暖かい」
と高い断熱性能のご感想を頂きました。さらにサーモウール断熱材と無垢の床材を施工した、当社のモデルハウスの内覧会に参加されたお客様からは
「クーラーも入れない微妙な時期に汗をかきながらお家の中に入ると 、“空気が澄んでいる“ というか、”涼しい感じ”がした」
という感想もいただきました。”お家に入って気持が良い”と体感していただける断熱材です。

 そして、このサーモウールはリフォーム時に壁から出して何度でも再利用可能。ゴミが出ず、とてもエコな断熱材です。

外観

 外観のメインカラーはホワイト色。ホワイトは周囲の景観を邪魔せず、自然と目に留まる爽やかなカラー。よくお客様からも外観はホワイトにしたい!ご要望をいただく人気色です。

柄は室内で使用する無垢の床材の雰囲気とイメージを統一させるため、木目柄をセレクト。
サッシカラーはベージュがかったシルバー色を使用し、全体のイメージを柔らかく、爽やかなに印象に。
そして玄関ドアは外観のポイントとして、落ち着いたブラウンのナチュラルな木目柄。 明かり窓もあり玄関内に光を取り込みます。
さらに玄関には雨が降っても大丈夫なように庇があり、庇の軒天は玄関ドアと色を合わせた木板を計画中。

ホワイトとナチュラル色の落ち着いた色合いで全体をまとめ、柔らかい雰囲気の外観デザインに。
また内装デザインと外観デザインの雰囲気を合わせることで、お家全体に統一感を持たせています。


イメージパースです





| main |大阪府摂津市正雀2丁目 MODEL HOUSE>>

▲PAGE TOPへ