デザイナーズ住宅|大阪|注文住宅・リフォーム・自由設計【MJ HOUSE】
MJHOUSEで建てるお家の情報です。
住まいはそこに住む人の幸せな入れ物
| main | 『北側道路の狭少地。いかに光を取り入れるか。』 〜吹田市昭和町>>
『北側道路の狭少地。いかに光を取り入れるか。』 〜吹田市昭和町S様邸〜
吹田市南正雀O-HOUSEイメージパース

2008年12月着工
場所:吹田市昭和町3丁目
敷地面積:87.62(26.50坪)
構造:木造在来工法
階数:地上3階建て
間取:3LDK+S

北側道路、3方を建物に囲まれた狭小地でどう光を取り入れるか。
光を取り入れる窓とプライバシーの兼ね合い。収納量や家事導線など。
10年後、20年後にも合わせれるように暮らしやすい、アレンジがしやすいお家造りをコンセプトに打ち合わせを進めさせていただきました。
設計&デザイン:石川 雅教
石川
北側道路の狭小地
3方を建物に囲まれた土地で

今回は3方を建物に囲まれ、尚且つ北側道路という狭小地でのお家造り。一番の課題はどうやって光を取り入れるかでした。 通常、光を取り入れるためには窓の数・窓の面積を多く取ります。しかし、3方を建物に囲まれお隣との距離も近い都会では安易に窓を付けるわけにはいけません。家の中も丸見えになってしまいます。そこで問題になってくるのが、窓の位置とサイズ。窓の位置は全てお隣と同じ目線にならないように配慮をしています。

光の取り入れ方
光を通す工夫
まず、隣との建物の距離を2m開けることで光を確保。これで暗くなりがちな1Fのお風呂や和室にも光が入ります。
LDKに4畳の吹き抜けを確保し、上部に窓を設けることで2Fリビング、3Fにも光が。

4畳ある吹き抜け。
光を取り込みたい南側に建て物があるため、吹き抜け窓はすりガラスのFIX窓に。

光を取り入れるために作ったお隣との2mの空間は庭になり、洗濯物干しスペースに。
お風呂や洗濯機は1Fにあるので、そのまますぐに干すことができます。
また、1F寝室の和室には縁側を設けてますので、洗濯物をそのまま取り込み、畳の上でたたんで片付けへ、と全て1階で作業ができます。
洗濯作業の導線がスムーズです。


お風呂の横の裏庭にはお風呂の窓を隠すようにアカシアの木を植えます。また、洗濯物干しスペースとして使用される予定ですが、将来は植物を植えるスペースにも…。

ゴチャゴチャしたくない!
収納術のイロハ?

奥様より「今のお家が収納スペースが少ない。新しいお家ではもっとスッキリしたい!」というご要望がありました。各部屋にクローゼットを設け、見せたくないものをまとめて入れてしまい部屋を広く使えるようにしました。
また、1F(3畳)には衣装部屋、2Fリビング(2畳)にはウォークインクローゼットを設置しています。
1Fの衣装部屋は、1Fの洗濯干しスペースからお洗濯物をたたんだ後、その手で収納ができるように。
2階のウォーキングクローゼットは日常の生活品・トイレットペーパーやセールで買い置きした日用品のストックなどをまとめて入れておけます。
各ウォークインクローゼットの配置は家事導線を考慮しています。なのですぐ収納が出来、必要なときにすぐ取り出せます。
収納で大切なことは、一番使う場所に、すぐ収納できるような収納場所を作ることかもしれません。

無垢材と内装
落ち着いた優しい色合いで

フローリング材はMJのこだわりである無垢材を提案しました。無垢材といってもたくさんの種類があり、それぞれに特徴や表情があります。 「パインやバンブーは表面が柔らかく傷などが気になる、、」との事だったので、落ちついた色あいの無垢材の中では硬いタモ材を提案しました。
フローリングのタモ材に合わせて、壁や天井も優しく明るい色合いのベージュで統一します。
個性的な組み合わせではありませんが、飽きがこず、どんなインテリアにも合わせやすいベーシックな組み合わせです。

タモ材
年輪がはっきりして、木目が美しい。

アクセント
ダイニングに設置するペンダントライト。
S様からは「白にしようかなぁ…」とのお話があったのですが、
「全体をベージュで落ち着いた雰囲気でまとめていますので、ここにはバシッとアクセントを入れましょう!(by石川)」
この石川の提案が通り、食卓を照らすペンダントライトは暖色系に決定!!

DAIKO ガラスペンダントシリーズ 50'Sの雰囲気がとてもPOPで可愛いデザインです。
 

ゆとりの広さとおもてなしの心
ギャラリーのような遊び心

玄関のホールは約1.5畳のゆったりとした空間です。片側壁にはガラスブロックの窓をニッチが両脇挟むように3列並びます。両脇のニッチには絵画やイラストなどを飾れるスペース。
これは設計の石川よりのご提案。
「せっかくホールの空間をゆったりと確保することができたので。出来れば小ぶりの絵画やイラストなどを飾ってもらえれば、より素敵なギャラリーのような空間になると思います(by石川)」

外観は落ち着いた色合いで。
ブラウンをアクセントに
外観はブラウンをアクセントに全体的にナチュラルな落ち着いた色合いでまとめました。
古くさくならないよう素材のバランス、配置を考慮しました。
素材を変えたものを何パターンかご提案をさせていただき、その中からお選びしていただきました。

石川が打ち合わせ用に書いた外観のメモ。
ここから何度も検討を重ね、最終案へ。
モエンサイディング-M
【特徴】
モルタルやコンクリートと比較して約10倍もの断熱効果を発揮。暑さ寒さから建物を守り、住まいの快適性を高め、しかもエネルギーの消費量を節減する省エネタイプの外壁材です。

ニチハのベーシックシリーズ。二重窓に匹敵する遮音性など、性能も安心です。
FEATHER ROCK
軽さと意匠を追求した画期的な次世代建材。
【特徴】
天然石の風合いと超軽量化の実現。水にも浮いてしまいます。また、断熱性能も有しています。

10年後も20年後も…
ベーシックにまとめて

今回のお家のもう一つのコンセプトは 「ベーシックにまとめ、あとはS様のカラーで造り上げていってもらえるように」
打ち合わせでいちばん意識をしていることが、お客様のカラーをどう理解・解釈するか。ご要望があったことのみに対応をするのではなく、 お客様の目が届かないところをも暮らしやすいように埋めていっています。
例えば、階段の高さや踏み板の幅、窓の位置や家事導線、飽きのこない内装デザインなど。
S様が10年後、20年後も暮らしやすいと思ってもらえるように、と考えてご提案させていただいたプランです。!

| main | このページのTOPへ |