. 大阪市東淀川区菅原3丁目F-HOUSEの注文住宅のお家の情報
デザイナーズ住宅|大阪|注文住宅・リフォーム・自由設計【MJ HOUSE】
MJHOUSEで建てるお家の情報です。
住まいはそこに住む人の幸せな入れ物
| main | 『敷地にななめに建つ明るいお家』大阪市東淀川区菅原3丁目F-HOUSE >>

『敷地にななめに建つ明るいお家』


※打合せに使用したイメージパースです。
 
38project 2014年8月着工
敷地面積
26.98坪
施工床面積
31.3坪
構造
木造3階建て
間取り 3LDK+W-CL+書斎
二人目のお子様が生まれてから本格的な打合せがスタートし、最初はご主人と
小さなお兄ちゃんのお二人で来られていた頃が懐かしく思います。
ただの犬走りから4つの新たな外部空間が生まれ、当初は戸惑っておられたと
思いますが、気に入って頂き嬉しい限りです。
新しいお家で今まで以上にご家族仲良く、ゆったりと過ごしていただければと
思います。
  iskawa
財津 智之

敷地の特徴

自社15区画分譲地で、北側には8m幅の道路を挟んで木々が立ち並ぶ大きな公園があり、西側は
同分譲地の2本分の専用通路(合計幅5m)が接する一見角地のような立地条件で、
間口8.5m×奥行10.4mの正方形に近い敷地形状です。

お施主様との出会い

この分譲地の工事開始のお知らせをご覧になられ、電話でお問い合わせを頂いたのがF様との出会いです。
その後、まだ何も建っていなかったこの分譲地の現場見学会にお越し頂き、
F様との本格的なお家造りが始まりました。

『週末をゆっくり家族で過ごせるお家にしたい。』

初めての打合せでご主人と奥様それぞれのご要望、将来のライフスタイルなどたくさんお話を
聞かせていただき、その時にお話いただいたお家のコンセプトは
「週末を家族でゆっくり過ごせるお家にしたい。」というものです。
その後の打合せで「自分たちに本当に必要な広さは?使いやすいフロアの配置は?」と
ご主人が自ら図面を書いてこられ、その図面を元に不必要な空間を省き、
お施主様ご家族にとって暮らしやすいこと、ゆっくりお過ごしいただけることを目標に
お施主様と一緒にプランの検討を重ねました。

敷地にななめに建つお家

今回のお家は敷地と平行にするのではなく、少し回転させて4角に4つの外部空間を
造ることをご提案。(下図参照)
建物をななめに配置することで奥行が広くなり、隣地ともほどよい距離が生まれます。
隣地の建物どうしの角度も違うため、視線が正面に向かい合わずに窓を配置することができます。
現場でのお打合せ時に、ご主人より
「このお家の一番の魅力は敷地に対してナナメに建っているところです。」
と、このお家の個性として特に気に入っていただいた項目です。
外観イメージパース
※打合せに使用したイメージパースです。
  .芝生の庭。
.駐車兼、駐輪スペース。
.室外機などの裏スペースとして。
.洗濯物干しスペース。菅原3丁目H号地

家事動線

打合せ当初、奥様から「洗濯物を干すスペースは洗濯機と同じフロアーが良い」とご要望をいただきました。
そこで1階にお風呂、洗面室などの水廻りをまとめ、人通りのない裏庭を洗濯干しスペースとすることを
ご提案。庭へ直接出入りができ、濡れた重たい洗濯物を持っての移動距離が短くなるよう計画しています。
また、洗面室は3畳と広めに確保。洗濯物もここで畳み、リネン類もここに収納できます。
お風呂の時は手ぶらで行けますし、お子様が遊んで汚れても、そのままお風呂へ直行できます。

LDK

洗濯干しスペースを1階にしたことで、2階にバルコニーを造る必要がなくなりました。
その分のスペースを使ってリビング・ダイニング・キッチンの広さを確保。
「子供はリビングで勉強する。」との事からキッチンは対面式に。
お料理をしながらお子様の様子を確認いただけます。
また、全フロアー共通ですが建物をななめにしたことで隣地との距離が生まれ、南側から各部屋に
光がたくさん差し込む明るいお家となりました。(下図参照)
※窓に対しての光の線が長いほど、光が差し込むと言われています。
大阪市東淀川区菅原3丁目
現場にてお施主様と打合せをさせて頂いた時に、「想像していたよりも明るくて、広く感じる。」
とおっしゃっていただきました。
リビングドア   空調面から階段部分に間仕切扉を設置。
閉じていても家族の動きが分かるように、
半透明のパネルになったタイプのものに。
公園側に設置する上下に分かれた食器棚の間に、窓を造ることをご提案。
この窓から公園を見渡すことができるので、お料理をしながら公園で遊ぶお子様の姿をご確認いただけます。

書斎

ご主人より「家で仕事をしたいので書斎が欲しい」とご要望をいただきました。
打合せ当初のプランでは1階に土間スペースを造り、そこを書斎とすることを検討していましたが
3階の公園側に3畳のスペースを造り、そこを書斎にすることをご提案。
イスに座り、窓の外を眺めると公園の木々とちょうど同じ高さになり、窓一面が緑となるように
計画しています。大きな窓から光も入り明るく、公園の緑が広がる気持ちの良い書斎に。
ご主人より「この書斎で仕事をする生活がとても楽しみになった」と言っていただけました。

収納計画

「洋服や季節の物、本が数百冊あるのでそれらを収納するスペースが欲しい」
というご要望を頂きました。そこで、主寝室には通常のクローゼットタイプの収納だけでなく
2畳あるウォークインクローゼットを隣接。たくさんの本や季節の物まで収納していただけます。
子供部屋にも十分なサイズのクローゼットを設置。キッチンには奥様からのご要望により
食品や日常品のストックなど収納していただけるパントリーを完備しました。
収納のイメージ図
※MJ HOUSEの施工例です。
  3階の廊下には階段室の上にできた開き空間を利用して
廊下から使える収納を造りました。
各箇所のデットスペースを見逃さず、収納スペースにして収納量を確保しています。

※左写真は段室上の空間を使った
 収納空間(扉無し)の施工例です。

外観

打ち合わせ当初、外観は東京駅のようなレンガ調のイメージのご要望を頂き、そこから紺色、
ブラウンと検討を重ね、最終的には落ち着いた暖かみのあるブラウン系の外観色に。
アクセントとなるようにサッシはホワイトをセレクト。

※打合せで使用したのイメージパースです。
  最終決定した外観です。
外壁:ニチハ リプラルライン
色:ヴィーノココア
外壁材
さまざまな角度からのパースを制作し、建物のイメージの打合せを行いました。
 
 
   

打合せ当初のレンガ調のイメージ外観パース

レンガ調のデザインをイメージした
外観パース。

ブラウンの色味を変えて制作したパース
 
ブラウンの色味を変えて制作したパース

| main |『敷地にななめに建つ明るいお家』大阪市東淀川区菅原3丁目F-HOUSE >>

▲PAGE TOPへ