デザイナーズ住宅|大阪|注文住宅・リフォーム・自由設計【MJ HOUSE】
MJHOUSEで建てるお家の情報です。
住まいはそこに住む人の幸せな入れ物
main| 兵庫県宝塚市 N-HOUSE >>

家族の癒しスペースがたくさん!
 開放感たっぷりの2階建て 』

 
2020年11月着工
施工床面積
125.03(37.82坪)
構造
木造2階建て
間取り 3LDK
畳スペース
フリースペース
土間収納
W-CL

敷地条件

敷地の西側と南側は4m道路に面している南西角地です。
さらに東側も隣地の方の専用通路のため空いており、また北側はお隣のお家の庭スペースで近くに建物がなく遮るものがありません。
4方向から光と風が入る敷地条件です。

2WAY玄関

玄関スペースはエントランスとホール、土間収納など合わせて全体で6畳の広いスペース。
この広い玄関スペースの真ん中を壁で縦長に左右に仕切り、右側半分はお客様用エントランス、左側半分は家族用の土間収納付き玄関としてそれぞれ3畳ずつの計6畳です。
それではそれぞれの玄関をご紹介いたします。

お客様用の玄関は常にスッキリと見せるためにあえて靴箱など配置していません。玄関スペースの幅は約1.3mほどあり2人並んで靴の脱ぎ履きができるゆったりとした玄関です。そしてすぐ左側の扉を開けると、家族用の玄関になります。家族用玄関は奥までタイル敷きの土間収納付き玄関となっており家族用の出入り口として使用でき、プライバシーも確保。

タイル敷きの土間収納スペースには片側の壁一面に棚を設け、たくさんの靴やお子さんのクラブ活動のバッグや道具類、ご家族分のコートも 掛けられるように計画中です。

これまでお子さんのクラブ活動の大きなバッグやコート類などを置くスペースが無く、LDKへ置いていたので、それをスッキリ収納できる空間が欲しい、 そしてその動線を使いやすくしたいとの奥様のご希望から計画されました。

お客様用玄関との間には扉があり見えない為、いつでもスッキリした状態が保てGOOD!
さらにこの土間収納には窓を2か所設け、しっかりと光と風も入り換気もしやすくなっています。

写真は当社の施工例です。

こだわりのアイランドキッチン

キッチンはハンセム社のキッチン。担当の設計スタッフがご紹介し、ショールームなどご覧になられ採用が決定しました。

ご存じの方も多いと思いますがハンセム社とは韓国のメーカーで「キッチン」を「流し台」と呼んでいた市場に「システムキッチン」という概念を導入して新たなキッチン文化を創り出したキッチンメーカーと言われています。
そして40年以上前に韓国で初めてキッチン家具の輸出を始め、日本への輸出も30年以上の歴史があります。
(ハンセム社HPより抜粋)

標準でセミオーダーシステムを採用しており、 扉・天板・取っ手のコーディネートで個性とデザイン性溢れるキッチンが作れます。 高級マンションなどでもよく使用されている人気のキッチンブランドです。

ハンセム社の特徴の一つが洗面化粧台やキッチンのワークトップに使われる クォーツストーンの天板材。
93%以上の水晶を主成分とする天然石を砕石し、色付けをした後、ポリマー樹脂で成形された天板材です。 天然石を超える衝撃耐久と調味料汚れなどを解消した耐久性を兼ね備えています。ヨーロッパを中心にハイグレード天板として人気の商品です。

キッチンのワークトップ(天板)はシックなブラック色。クリスタルの細かな結晶が織り込まれており独特な風合いと光沢が優美な印象です。 このワークトップに組み合わせる扉カラーは濃いグレー色。マット仕上げの扉で油画で使われている筆のタッチ技法のような質感が表現されているデザインです。

さらに「お弁当グッズやキッチン用品が多いため収納スペースがたくさん欲しい」というご希望からアイランドキッチンとは別に、後方に同じハンセム社のカップボードを設置します。
カップボードは横幅2.5m。引き出し付きカウンターと扉付きの吊り戸があり壁一面が大きな収納に。

このカップボードの扉カラーは薄いグレー色。マットなコンクリート色で裏表の両面が仕上げてあり、リアルなデザインです。
濃いグレー×ブラックのアイランドキッチンと、コンクリート調のカップボードを組み合わせシックで高級感漂う配色に。 ショールームで奥様がビビビっときたコーディネート。


さらにキッチンを縦に配置することで、玄関〜キッチン〜冷蔵庫〜サニタリーまでが全て一直線。帰宅後の買い物袋を持っての移動が短く楽になり、また、お子さんも家族用の玄関スペースに荷物を置き、そのままお弁当箱をキッチンへ。その後キッチン横のサニタリーへクラブ活動の洗濯物を置き手洗いが出来るスムーズな動線に。

「キッチンは両側を通れるようにしたい」と奥様の強いご希望でアイランド型に。
奥様がキッチンで作業中でも、ご家族は両側から出入り可能なため冷蔵庫へ飲み物を取りに行ったり、作業のお手伝いをしたり、左右と前方からも動きやすく使いやすいキッチンとなっています。


その他水廻りの工夫

キッチンの横には脱衣室とお風呂、トイレを配置。 奥様がキッチンで作業やその他の家事をしながら、洗濯など同時に短い動線でこなせるよう工夫されています。

また、今回は洗面室を脱衣室とは別に計画。「朝の準備やヘアーセットが2人同時にスムーズにできるように、広い洗面台が欲しい」とご希望をいただき、広い洗面台を作るため、さらに脱衣室を使用していても他の人が気兼ねなく洗面室を使えるようにして混雑を防ぐためです。

洗面室の広さは2畳。洗面台のサイズは横幅約1.6mあります。洗面ボウルをやや左よりに配置し使いやすく。ミラーも三面鏡と二面鏡を横に2つ配置して洗面台と同じ横幅1.6mに。

さらにコンセントは両側の壁に1か所づつ設置しており、ドライヤーやヘアーアイロンも2人並んで同時に使えるようにしています。

鏡の裏は収納ボックスで大容量なのでヘアーセット材やメイク用品などの洗面周りの小物類は全てこのミラーキャビネットへ。洗面室もスッキリと片付けでき、お掃除もしやすく。

洗面台のワークトップはキッチンと同じクォーツストーンで、爽やかなホワイトカラー。これに合わせる扉カラーはシックな木目調の濃いブラウンカラー。ウッド素材の自然な表現とリアルな質感が特徴の扉です。

年頃のお子さんがいらっしゃると 朝の準備・洗面室は争奪戦ですよね。これなら家族皆がスムーズに準備OKです!

ダイニングとウッドデッキテラス

キッチンの正面は4.5畳のダイニングと3畳のウッドデッキテラスがあり、ウッドデッキへ出入りするため設けた大きな掃き出し窓からダイニング・キッチンへとたくさん光や風が入り、空間の繋がりや広がりも感じられ、奥様はキッチン作業も気持ち良く楽しく!また、キッチンからダイニングへお料理の配膳がスムーズ。

朝起きて朝食が出来るまでウッドデッキテラスで朝日を浴びたり、お風呂上りに夕涼みでビールを飲んだり、日中は洗濯物を干したり。さらに、キッチンからの距離も近いため季節によっては休日にBBQパーティと多様に楽しめるテラスです。

ウッドデッキのナチュラルな素材感は、暖かみやホッとした癒しも感じさせます。キッチンやダイニングから見えるだけでも癒されそうです。

家族が集まるリビング

LDKのみで18.6畳です。LDKとは別にリビングに隣接する畳スペースが4畳、ダイニングの前にウッドデッキテラスが約3畳あり、全て合わせると25.6畳の大空間になります。
またキッチンの奥には洗面室やお風呂、トイレなどの水廻りをまとめて配置し、奥様の家事動線を短く計画しました。 これが1階全体の間取りです。

リビングスペースはダイニングスペースの横並びになります。
リビングスペースは約8畳。その横にさらに寛ぎのスペースとして1段分小上がりになった4畳の畳スペースを造り、合わせて12畳とゆったり空間。

畳スペースは「ベンチのように座れるようにしたい」とご希望をいただいただき、小上がりに1段上げました。
親御さんが遊びに来られた時に使ってもらったり、またTVを見ながらゴロンとお昼寝したり、冬場はこたつを置いてみかんを食べたり家族でお鍋を囲んだり、ちょっとした作業やリモートスペースにも。お子さんの宿題スペースとして使われてもいいですね。 畳のいい香りと手触りに癒されそうです。

段差があることでLDKと空間が繋がっていても独立した小部屋のような雰囲気も楽しんでもらえます。

また、この畳スペースは南側の道路に面しており、ここにも掃き出し窓を設けます。道路側に掃き出し窓があることでLDKへふんだんに光を取り入れる効果や、大きな荷物を運び入れたり、横に車をつけ高齢者の介護の際に使用したりと、色々な用途がある便利な掃き出し窓の配置です。



さらにLDKの中で存在感を放つのが2階へと続くリビングインのストリップ階段。先程ご紹介した畳コーナーの上部を通り、2階へと上がっていくように設置しました。
ストリップ階段とは踏み板とそれを支える骨組みだけで構成された階段。段と段の間の蹴込み板という部分が無いため、オープンで視界が広がるデザイン性の高い階段です。

階段スペースは昇り降りの実用的なスペースとは別に、LDKのデザインを左右する重要なスペースともなります。階段にデザイン性の高いストリップ階段を設けることで解放感が生まれたり、空間を広く見せたりデザイン性をUPする効果も。

今回は階段に黒のスチール(鉄骨)を使用し、骨組みの黒い武骨さや床と同色の踏板のナチュラルな色とのコントラストがLDKのデザイン性も高め、LDK全体を引き締まった印象にしています。
打ち合わせ当初から鉄骨階段にしたい!と強いご希望をいただき、採用したN様こだわりの階段です。

当社の施工例です。

無垢のフローリング

現在採用が決まっている1階のフローリング材をご紹介。

まず1階の床に使われるフローリング材は無垢のオーク材。オークとは日本語名でブナ科広葉樹。オーク材の中でもホワイオークを使用した製品です。
硬くて耐久性があり、古くからヨーロッパやアメリカでは高級家具や床板、船舶、ウイスキー樽などにも使われており、馴染みのある木材です。

色合いはナチュラルな肌色に近い明るめのカラー。
経年変化によって、だんだんと色が濃くなって褐色に変化していくため、もともとは明るい色だった床も、少しずつ変化していく色を楽しむ事が出来ます。

デザインだけでなく、素足で触れた時の足触りの良さや湿気を吸収する調湿性能、本物の木の香りといった五感で楽しめるところも無垢材の特徴です。

当社では今まで完成したお家でも、無垢材をセレクトされているご家族が非常に多く、使用した床材も幅広く、毎回お引渡しでお家に入られたお子さんが「床が凄く気持ちいい!いいにおいがする!」と床にゴロゴロ寝転がりながら無垢の床を楽しんでくれています。

2階スペースの子ども部屋の床については、お子さんが自分の部屋は好きな色や柄を選びたい!というご希望もあり、現在打ち合わせ中です。

家族でシェアするフリースペース

2階へ上がると広いフリースペースが出現。広さは6畳以上あります。ここのスペースは家族がそれぞれ自由に使いシェアするスぺース。
壁の一部分に鏡を貼り、ダンススタジオのようにお子さんが体操をしたり、ご主人の趣味のゴルフクラブをたくさん飾ったり、パターゴルフを楽しんだり。 お友達がたくさん集まる時の憩いのスペースに。

また、このフリースペースは南西角地側で日当たり抜群!ここでご家族皆さんで日向ぼっこも楽しめる第二のリビングのような空間。

前にご紹介したウッドデッキテラス、畳空間、このフリースペースとこのお家にはたくさん寛げるスペースがあるため お家全体をゆったりと快適に感じることができます。
昨今のコロナウィルスで外出が出来なくても、逆に外出する必要も感じない、というか家に居たい!と思ってただけるかも。

2階フロアー

2階の大まかな配置ですが、まず、階段を上がって右側に先ほどの広いフリースペースとトイレ。そして階段を挟んだ反対側に子供部屋1つ。
さらに2階フロアーの奥に主寝室と子供部屋を横並びに配置しバルコニーを設けました。

2階のバルコニーは主寝室ともう一つの部屋の2か所から出入りできます。
このバルコニーの先はお隣の庭スペース。遮るものがなく光も入り、部屋に隣接しているためお布団も運びも楽にできます。もちろんお洗濯物もたくさん干せます。

また、主寝室には大きなウォークインクローゼットを設置しました。サイズはたっぷりと4畳。たくさんお洋服が収納できますが、中が広いため大きなタンスや 衣装ケースも入口さえ入ればすっぽり収納可。
ご夫婦の衣類だけでなく、お家中の荷物がたくさん収納でき便利。

写真は当社の施工例です。


さらに2つの子ども部屋にも奥行が90cmとたっぷりあるクローゼットを配しており、1階玄関の土間収納と合わせてお家全体でしっかりと収納を確保されました。長年生活する中で荷物はどんどん増えるので、大型の収納はいくらでも欲しい強い味方ですね!

セルロースファイバー断熱材

断熱材はスタッフ一押しのセルロースファイバー断熱材。何度かこのオープンビルド情報でもご紹介させていただていますが、断熱性能は最強!

このセルロースファイバーの原料はリサイクルの古新聞を使って作られたエコな断熱材。これを細かく裁断しすり潰したものにホウ酸を添加して作ります。
このセルロースファイバーを専門の職人が壁などに隙間なく詰め込むため気密性能が高く、高い断熱性能があります。

また新聞の高い調湿性能で壁の中の湿度をコントロールし結露やカビを防ぐと同時に、ホウ酸(眼科の洗浄液にも使われている人体に安心の原料です) の効果でシロアリやゴキブリ等の害虫も寄せ付けにくく。

この断熱性能は当社のスタッフの自宅にも施工し、さらにたくさんのお施主様からもお墨付きをいただきました。

これまでマンションにお住まいだった方は、マンションはコンクリート造が多く冬場はヒンヤリ冷え込み寒いので、戸建てでは思い切って 断熱材をセルロースファイバーにしたところ、吹抜けや大きな窓があるにも関わらず、前の家より冬が暖かいとか、エアコンは2台あるのに1台しか使わない、とか冬場でも半袖で過ごせるとか、光熱費が安くなったという喜びのお声をよくお聞きします。

気密性が高いため、1階で温めた空気(熱)が2階へ上がり、お家全体が暖かくなります。
高い断熱性能で光熱費を抑え、湿気や害虫も防ぎ、なおかつ地球や人に優しいエコロジー資源というスーパー断熱材です。
セルロースファイバー

外観

お家の外観の正面フォルムは正方形のシンプルな立方体です。外観のカラーはミルキーホワイト色。明るく見えて汚れも目立ちにくそうなカラーということで選ばれました。

また、正面に並んだ印象的な4つの縦長の窓。一番端の1つは子供部屋の窓です。「この窓がいい!」とご希望をいただいたので、他の部屋の3つの窓も同じサイズを横並びに配置して正面から見たデザインにバランスを。

玄関ドアは重厚感のある濃いブラウン色。玄関ポーチのタイルはブラック色をセレクト。
ホワイト系の外観にブラウン、ブラックを組み合わせ落ち着いたシックな色合いにまとめられています。
周辺の落ち着いた街並みともよく馴染み、またホワイトとブラックのコントラストがお家を際立たせます。

外観デザインを左右する窓の配置。間取りや使い勝手、位置、使用目的やプライバシー、耐震などたくさんの兼ね合いがあるため、 外と中、デザインなど複数の事を同時に考えながら毎回プランニングをしているそうです。
何気なく配置されている窓も色々な事柄が考慮されています。







| main |兵庫県宝塚市 N-HOUSE>>

▲PAGE TOPへ