デザイナーズ住宅|大阪|注文住宅・リフォーム・自由設計【MJ HOUSE】
MJHOUSEで建てるお家の情報です。
住まいはそこに住む人の幸せな入れ物
| main | 『森の中のカフェをイメージしたグリーンハウス』大阪市東淀川区豊里7丁目A-HOUSE >>

『森の中のカフェをイメージしたグリーンハウス』


※イメージパースです
 
42project
2013年8月着工
敷地面積
20.01坪
施工床面積
35.56坪
構造
木造3階建て
間取り 3LDK

今回のお家のコンセプトは、これまで担当させていただいたお施主様からの様々なご要望や、内覧会にご来場いただいた方のコメントを元に、採光、風通し、動線など住まう人が住みやすいお家をコンセプトに設計をしました。デザイン面では自然素材をふんだんに使用し、ご家族がゆったりとくつろいで頂ける森の中のカフェのような空間をイメージしながら色合いや、細部のディティールを決めていきました。
  財津 石川 雅教

敷地の特徴

前道の6m道路に接道しており、間口5.6mの長方形の形状で平坦な土地です。東側には商業ビル、裏はMJ分譲地のお家が建ち、2方を建物に囲まれています。敷地の西側には専用通路がるので角地に近い敷地の使い方ができます。周囲は閑静な住宅街です。

専用通路を活かした採光と風通し

敷地の西側に幅約3mの専用通路が接しているため、角地に近い2面からの採光や風通しが確保できます。
そこで、2Fのリビングの専用通路側には引き違い窓を横長になるよう設置し、建物正面にはバルコニーを。
部屋全体に差し込むよう計画しました。(図〇仮)
角地のような専用通路   専用通路側の窓は、下に家具を置けるように、下から1m10cmの位置に。
隣地と視線が合わないようプライバシー面と、空間と窓とのバランスのデザイン面を考慮し、窓を2つ横に並べた連窓タイプにしました。
連窓
※写真はMJHOUSEの施工例です。(連窓)のイメージ写真
『ホテルライフを目指したお家』
このお家の情報はオープンビルド情報でもご覧頂けます。
窓を2つ合わせるとワイド2m40cmの開放感ある窓に。ここからたくさんの光をリビングに取り込みます。

リビングはゆったりと大空間を確保。

間取りを決める時に皆さん悩まれるのがリビングの広さです。MJのお施主様も家族が集まるリビングは『家族がくつろぐ一番大切な空間』とお考えの方が多く、「なるべく広く」「明るく」「開放感が欲しい」「家族みんなの居心地が良いように」とこだわりが強く反映される場所です。
今回のお家は、お風呂や洗面室などの水廻りを1階にまとめ、2階のLDKは19畳の大空間を確保。窓の配置にもこだわり、ゆったりと開放感のあるリビングを目指しました。

明るく機能性のあるキッチン

キッチンの背面には明かりの確保と風通し用に窓を設置し、明るく清潔感のあるキッチンになるように計画しました。この窓の位置も一工夫。吊り戸とレンジ台に塞がれないように、ちょうどいい高さに設置しました。(下図参照)
キッチンの窓の位置説明   リビングの開放感が損なわれないよう吊り戸はキッチン後ろに配置しました。パントリーも設置し、収納量も確保した明るく風通しのいい機能的なキッチンに。

内装は森の中をイメージ。

今回のお家の内観テーマは、『ナチュラルな雰囲気造り』です。自然の中にある色(植物の緑、木、土、水などのアースカラー)を使って森の中にいるような、落ち着いたゆったりとした風合いになるようお家をイメージしました。
外観と内観でメリハリをつけながらも繋がりがあるような内装デザインを目標に仕様をセレクトしていきました。
山田西モデルハウス
※サンプルを撮影したものです。
  無垢のフローリング材:ロッジポールパイン
すきっとした表情で、くせのないナチュラルなパイン材です。北米を原産とするパイン材で、ロッジ(小屋)のポール(柱)に使われていたことに由来します。
小径木のため節が小さく、そして木肌の白さが特徴です。着色をして落ち着いた風合いに仕上げます。また、経年変化でアメ色に変化していきます。
窓枠も同じパイン材を使用し、空間に統一性をもたせました。
取っ手
※MJHOUSEの施工例です。
  室内ドア:LIXILファミリーライン
室内ドアやクローゼットの扉はシンプルで真っ白なデザインのものをセレクトし、アクセントになるようドアノブは豊里6丁目D-HOUSEで大好評をいただいたアイアンのドアノブを組み合わせました。
オープン手すり
※メーカー施工例です。
  階段手すり:木製の格子手すり
「限られたスペースでも、開放感のある玄関にしたい」多くいただくご要望の一つです。
そこで、玄関ホールに設置された階段室の壁を取りのぞき、オープンな雛壇階段にしました。
安全面を考慮して取り付ける手すりは、床材と風合いや色合いをを合わせた木製の手すりです。格子の手すりにすることで、視界が抜けるので圧迫感が軽減します。
同じ手すりを2Fリビングにも設置し、お家のデザインに統一感を持たせました。
キッチン前のクロス
※MJHOUSEの施工例です。
  キッチン前のクロス:木目調
キッチン前のカウンター部分は木目調のクロスをアクセント貼りします。(左写真参照)
お家のコンセプトに合わせてナチュラルな明るい色合いのものに。
※写真はMJHOUSEの施工例です。
『施工床を最大限に使用した明るいLDKのお家』
このお家の情報はオープンビルド情報でもご覧頂けます。

クロス選び

お家の外観のグリーンとの調和を取りながらも、外と内でメリハリをつけた色使いを目標にクロスを選んでいきました。1Fのトイレや子供部屋は遊び心ある色合いをセレクトし、リビングは48プロジェクト標準の漆喰塗りでナチュラルな空間に。
また、3Fの階段の腰壁は素材感のある石目調のクロスをアクセント貼ります。
クロス クロス クロス クロス クロス
2Fのトイレ 1Fトイレ 子供部屋 子供部屋 3F階段の腰壁

開放的でプライバシーが守られたテラス

3F中央部分に4.5畳のバルコニーを設置することで、3階の全部屋に光が差し込むようになりました。
外に面している壁は高さ2mあり、横長に開口を開けることで外部からの光を取り込みながらも近隣と視線が合わないようになっています。
テラス
※イメージ図です。
  この上部が空いた開放的なバルコニーはたくさんの緑を置いて庭として、またはウッドデッキを敷いてセカンドリビングやお子様の遊び場として色々なことにご利用いただけます。
暖かい日にはテーブルセットを出して、ティータイムをしても癒されそうですね。

洗面室

洗面室の一室には、お施主様からご要望が多い収納スペースを造りました。壁を一部凹ませ、ランドリーBOXも入るスペースを確保。上には棚を造作し、タオル、洗剤などのストックものが収納できるように計画しました。
(下図参照)
サニタリーの収納
※イメージ図です。
  棚板は床材と洗面台と合せた色合いの塗装をし、空間に統一感をもたせています。使い勝手の良さとお家のコンセプトである柔らかい雰囲気が表現されたサニタリースペースとなりました。
(下図参照)
ランドリーの収納
※イメージ図です。
     
家具調の洗面台
※メーカー施工例です。
  ADVAN 洗面台
お家のイメージに合わせて石川がセレクトしたものは家具調の柔らかな木質洗面化粧台です。
ミラーの縁も洗面台と素材を合わせ、統一感が出るようにしました。(左図参照)

外観

お家の外観は深みのあるグリーンのベルアート塗装(塗り壁)に。何種類ものカラーサンプルを制作し、その中から一番イメージに近い色のものをセレクトしました。
最終パース   正面のバルコニーの立ち上がり壁はアクセントとなるよう横長に開けました。
また、玄関周りには壁用石材をアクセント貼りします。
外壁用の石材
石の素朴さと荒々しさをそのままに、明るめのベージュ色を中心に茶色やオレンジ色など様々な自然な色の幅が美しい石です。

| main |『森の中のカフェをイメージしたグリーンハウス』 大阪市東淀川区豊里7丁目A-HOUSE>>

▲PAGE TOPへ